包成羊肉 レアな羊肉スープの人気店!朝食におすすめ(台南)

包成羊肉の羊肉湯

台南の朝ごはん店、包成羊肉(バオチェンヤンロウ、Bau Cheng Mutton)では新鮮なレアの羊肉スープが人気です。

包成羊肉 Bau Cheng Mutton

包成羊肉の外観

朝5時から営業している朝食店、包成羊肉(バオチェンヤンロウ、Bau Cheng Mutton)。台南ではレアの牛肉スープが有名ですが、実はレアの羊肉スープも人気です。

ちなみに羊肉は生後12ヶ月以下のものがラム。12ヶ月以上はマトンになります。
こちらの羊肉はマトンなのでラム特有の風味はありません。

包成羊肉のメニュー

包成羊肉のメニュー(※クリックで拡大します)

羊肉湯(ヤンロウタン)の味は2種類。シンプルな塩味の清湯羊肉と、漢方の入った黒いスープ當歸羊肉。小サイズで120元(約435円)。

他にも様々な部位を食べることができますが、少し冒険してレバーである羊肝も注文してみました。同じく120元。

台南の包成羊肉の羊肉スープ

レアの羊肉に熱いスープをかけていただきます。運ばれて来た時にはレアからちょっと火が通っていましたが、まだ赤いところもチラホラ。

包成羊肉の羊肉スープ

まずは塩味の清湯羊肉。臭みやクセもなく、噛めば噛むほど旨味が出てきて美味しい!脂身も気になりません。

包成羊肉の羊肉スープ

生姜とザーサイもさっぱりしてgood。

包成羊肉の羊肉湯

スープについてくるみたらしのような付けタレはあまりいらないかな。そのままの味で十分美味しいです。

台南の包成羊肉の當歸羊肉

続いて漢方の羊肉スープ、當歸羊肉。見た目よりあっさりな醤油ベースで、ほのかに漢方の風味がします。漢方と言ってもそこまでクセはないので食べやすく美味しいです。

包成羊肉の當歸羊肉(漢方のスープ)

具はお肉だけなので、生姜を追加しても良いですね。生姜はお店中央に置いてあるのでお好きなだけどうぞ。

台南の包成羊肉の羊肉のレバー

そしてレバーの羊肝。薄くスライスされごま油がかかっています。甘辛の豆板醤を付けて食べるのが良いと、お店のおばちゃんが教えてくれました。

台南の包成羊肉の羊肉のレバー

こちらも全く臭みやクセなしで美味しいレバーでした。冒険して良かったです。

羊肉湯(ヤンロウタン)は臭みやクセがあるのかと思いましたが、新鮮なお肉なので無駄な心配でしたね。ぜひまた行きたい朝食店です。

ちなみにお隣の虱目魚(サバヒー)粥店「阿堂鹹粥」の綜合鹹粥もとてもおススメですよ。魚のお茶漬けのようなお粥で美味しいです。

阿堂鹹粥の綜合鹹粥と揚げパン 阿堂鹹粥 サバヒー粥の名店!必食の朝ごはん!アータンシエンヂョウ(台南)

さらにその奥にはドリンクスタンドの「茶の魔手」もあります。気軽に台湾茶も飲めるのでご飯のお供にぜひどうぞ。

包成羊肉の行き方・アクセス方法

台鐵台南駅前の台南火車站よりBlueMainLine乗車9分「Xiaoximen (Shing Nan Bus)」下車徒歩約1分

包成羊肉の営業時間

包成羊肉
住所:No. 425, Section 1, Fuqian Road, West Central District, Tainan City, 700
電話番号:+886 6 215 7171
営業時間:5時00分~11時00分
定休日:月曜日
台南で食べる!美味しいグルメ 案内マップ付き 台南で食べる!美味しいグルメ 案内マップ付き

<< 台南で食べる!美味しいグルメ 案内マップ付き