茶の魔手 台湾茶が気軽に楽しめるティースタンド(台南)

ドリンクスタンドの茶の魔手の台湾茶

台南の街を歩いているとよく見かける「茶の魔手」というお店。ちゃのまて…?茶のましゅ…?なんだかあやしいネーミングで気になっている方も多いはず。
茶の魔手(Tea & Magic Hand)は台南や高雄を中心としたティースタンドのチェーン店です。

茶の魔手 Tea & Magic Hand

茶の魔手の外観

ヘンテコな日本語で気になる台南のティースタンド、茶の魔手(Tea & Magic Hand)は台湾南部を中心としたティースタンドのチェーン店。

台湾茶が気軽に飲めるのが魅力です。タピオカミルクティーなど甘いお茶のメニューも充実。

ドリンクスタンドの茶の魔手の台湾茶

定番の台湾茶は4種類。左から紅茶、緑茶、青茶、烏龍茶。
サイズは小(S)、中(M)、大(L)。写真は小サイズ350mlです。

茶の魔手の緑茶

こちらは緑茶。朝食にピッタリ。

茶の魔手の紅茶

紅茶はデザートの時に。

茶の魔手の烏龍茶

烏龍茶は油っこい料理に。

茶の魔手の青茶

こちらの青茶は緑茶の風味がする烏龍茶。
個人的に一番お気に入り。

ドリンクスタンドの茶の魔手の台湾茶

いずれの台湾茶も濃すぎずさっぱりしており、ご飯の味を邪魔しないちょうどよさ。
そして小サイズ15元(約54円)というお手軽プライスも魅力です。

茶の魔手のメニュー

茶の魔手のメニュー(※クリックで拡大します)

ちなみにこの台湾茶にも砂糖を入れるか聞かれるのでノーシュガーと伝えましょう。
氷もお茶が薄くなってしまうので少なめがおすすめ。リトルアイスで通じますよ。

茶の魔手の日本語メニュー

店舗によっては日本語メニューもあります。訪れた店舗は小西門店。隣には虱目魚粥の有名店「阿堂鹹粥」があります。

このように台南グルメの人気店の近くには、必ずというほど茶の魔手が出没。まさにマジックですね。

茶の魔手の台湾茶の青茶

期間限定メニューの超級青茶も飲んでみました。

茶の魔手の青茶

かなりの大きさで838ml。普通の青茶よりもなんとなく高級が感じがしました。

ちゃのまてのタピオカミルクティー

番外編メニューもご紹介。

茶の魔手のタピオカミルクティー

タピオカミルクティー(波覇奶茶)は微糖でも十分な甘さで美味しかったです。
小サイズ30元(約109円)という安さ。

茶の魔手の梅子紅茶

こちらは梅子紅茶。日本語メニューではプラム紅茶と表記され美味しそうだったのですが…
干し梅をそのまま飲んでいるような味でギブアップ。

茶の魔手の外観

たくさんメニューがあるので色々試したくなりますが、おすすめは断然台湾茶です。
茶の魔手のお茶を持って台南グルメの食べ歩きに出かけましょう!

茶の魔手(小西門店)の行き方・アクセス方法

台鐵台南駅前の台南火車站よりBlueMainLine乗車9分「Xiaoximen (Shing Nan Bus)」下車徒歩約2分

茶の魔手(小西門店)の営業時間

茶の魔手(小西門店)
住所:No. 716, Section 1, Ximen Rd, West Central District, Tainan City, 700
電話番号:+886 6 213 3666
営業時間:水〜月曜7時00分~23時00分 火曜9時00分~23時00分
定休日:不定休
※店舗により営業時間は異なります
台南で食べる!美味しいグルメ 案内マップ付き 台南で食べる!美味しいグルメ 案内マップ付き

<< 台南で食べる!美味しいグルメ 案内マップ付き