台南発祥の仙草ゼリー専門店 黑工號嫩仙草

黑工號嫩仙草の仙草ゼリー

台南で人気の仙草ゼリーのデザート店、黑工號嫩仙草(ヘイゴンハオネンシェンツァオ、Black Worker Grass Jelly)を訪れました。

黑工號嫩仙草 Black Worker Grass Jelly

黒工号嫩仙草赤崁店の外観

仙草(せんそう、シェンツァオ)ゼリーの専門店、黒工号嫩仙草(Black Worker Grass Jelly)
タピオカや芋だんごなどがトッピングされた仙草ゼリーデザートが人気です。

今回は支店の赤崁店を訪れました。

黒工号嫩仙草赤崁店の店内

1階は注文カウンターとイートインスペース。テイクアウトも可能です。

黒工号嫩仙草赤崁店の2階の店内の

2階はゆっくりできる広めの空間。

MEMO

そもそも仙草とはシソ科の植物の一種。乾燥させて黒くなった葉と茎を煮詰めて冷やすと、凝固して仙草ゼリーになるという植物由来の食べ物です。
台湾では古くから解毒や解熱作用の効能があるとして親しまれているそう。

台南の黑工號嫩仙草のメニュー

黑工號嫩仙草のメニュー(※クリックで拡大します)

定番メニューはトッピングが異なる6種類から選ぶことができます。ガムシロップ追加は50元(約181円)、ミルク追加は55元(約200円)。仙草ゼリー単体は30元(約108円)です。

少し日本語ができるお姉さんによると1番と6番が人気とのことで、1番のミルク追加で注文してみました。

黒工号嫩仙草の仙草ゼリー

トッピングメニューは芋圓(芋だんご)、紫米、西米露(サゴと呼ばれる白いタピオカのようなもの)、芋頭(タロイモ)の4種類。

黒工号嫩仙草の仙草ゼリー

下には仙草ゼリーがたっぷり入っており、2人でシェアしても十分な量です。

黑工號嫩仙草の仙草ゼリー

まずは仙草ゼリーをひとくち。食感はもちっとしたコーヒーゼリーのようであっさり味。

よくよく味わうとほんのり甘さと苦味があり、薬草の風味がします。涼やかでとても美味。

黒工号嫩仙草の仙草ゼリーの芋圓

芋圓(芋だんご)は注文が入ってから茹でるので、柔らかくもちもちです。

黒工号嫩仙草の仙草ゼリーの紫米

紫米は文字通り紫色のお米でした。固めの食感なのでデザートにお米が入っているという違和感はあまりありません。

黒工号嫩仙草の仙草ゼリーの芋頭

ごろごろ入った芋頭(タロイモ)は、ほのかに甘くミルクによく合います。

黒工号嫩仙草の仙草ゼリーのサゴ

こちらは西米露(サゴ)。タピオカのようなもちもち食感で、東南アジアでもよく食べられている食べ物。

黒工号嫩仙草の仙草ゼリー

最初は量が多いかなと思いましたが、ペロリと完食してしまいました。これで200円とは驚きの安さです。6種類全制覇しても1,200円ですよね。
これはぜひ違うメニューも食べてみたいです。

ちなみに黒工号嫩仙草はつい最近日本に出店したようで、「台湾嫩仙草専門店 黒工号」として上野に2018年7月18日(水)オープンとのこと。
お値段も一緒とはいきませんが、日本でも美味しい仙草ゼリーが食べられるのは嬉しいですね。

黒工号嫩仙草赤崁店の外観

台南の黒工号では日本の1/3の価格で食べられるので、台南に来た際はぜひ立ち寄ってみてください。

今回訪れた黒工号嫩仙草は支店の赤崁店。台南観光スポット「赤嵌楼」から徒歩約2分です。本店は台鐵台南駅から徒歩約5分の東側にあります。

黑工號嫩仙草赤崁店の行き方・アクセス方法

黑工號嫩仙草赤崁店の営業時間

黑工號嫩仙草赤崁店
住所:No. 199, Section 2, Yongfu Road, West Central District, Tainan City, 700
電話番号:+886 6 222 3376
営業時間:11時30分~21時30分
定休日:水曜日

※黒工号嫩仙草本店 営業時間:12時00分〜22時00分

台南で食べる!美味しいグルメ 案内マップ付き 台南で食べる!美味しいグルメ 案内マップ付き

<< 台南で食べる!美味しいグルメ 案内マップ付き