国立台湾文学館 / 旧台南州庁 日本統治時代の建築物を巡る(台南)

国立台湾文学館、旧台南州庁の外観

国立台湾文学館(National Museum of Taiwan Literature)は、日本統治時代の1916年に建てられた台南州庁舎の一部を利用した文学館。

館内の見所をご紹介します。

国立台湾文学館 National Museum of Taiwan Literature

国立台湾文学館、旧台南州庁の外観

台南にある日本統治時代の歴史的建築物、國立臺灣文學館 (原臺南州廳、National Museum of Taiwan Literature)
国定古蹟に指定されています。

国立台湾文学館、旧台南州庁の昔の写真

建物の設計は日本人建築家、森山松之助氏。
レンガとコンクリートを使った重厚感ある洋風建築が特徴です。

戦後は長らく台南市政府庁舎として利用されていましたが、1997年に安平区への新庁舎移転が決定。
その後、文学館としての修復と計画が進められ、2003年にリニューアルオープン。
2007年に現在の「国立台湾文学館」へと正式に改称されました。

国立台湾文学館、旧台南州庁の入口

文字を持たない原住民の口承文学や、植民地の歴史がある台湾のそれぞれの時代、土地で生まれた文学について学ぶことができます。

展示物の一部は日本語解説あり。入場料は無料です。
館内にはカフェとお土産ショップも併設しています。

台湾文学の展示

国立台湾文学館、旧台南州庁の文学に関する展示

台湾文学作品の展示の中には、日本統治時代の日本の文学作品の姿も。

国立台湾文学館、旧台南州庁の文学展示

国立台湾文学館、旧台南州庁の展示物

国立台湾文学館、旧台南州庁の展示物

国立台湾文学館、旧台南州庁の展示

台湾原住民に関する展示

国立台湾文学館、旧台南州庁の館内

国立台湾文学館、旧台南州庁の原住民に関する展示

台湾原住民族 地図(※クリックで拡大します)

国立台湾文学館、旧台南州庁の原住民文学の展示

原住民に関する展示では、口承文学をオーディオガイドで聴くことができました。

当時の外壁、構造物の展示

国立台湾文学館、旧台南州庁の館内の赤レンガ

館内では、当時の外壁や構造物の展示もあり、それぞれ間近で見学することが可能。

国立台湾文学館、旧台南州庁の昔の外壁

国立台湾文学館、旧台南州庁の赤レンガ

国立台湾文学館、旧台南州庁の外壁

国立台湾文学館、旧台南州庁の外壁

国立台湾文学館、旧台南州庁の当時の外壁

国立台湾文学館、旧台南州庁の館内の展示

国立台湾文学館、旧台南州庁の館内

赤レンガ外壁・アーチ

国立台湾文学館、旧台南州庁の館内

重厚感のあるレンガとアーチの洋風建築は、綺麗にリノベーションされ今なお健在。

国立台湾文学館、旧台南州庁の館内

国立台湾文学館、旧台南州庁の赤レンガ

国立台湾文学館、旧台南州庁の館内の赤レンガとアーチ

国立台湾文学館、旧台南州庁の赤レンガとアーチ

国立台湾文学館、旧台南州庁の館内

階段・廊下

国立台湾文学館、旧台南州庁の階段

国立台湾文学館、旧台南州庁の階段

大階段は優美な雰囲気で、写真スポットにもなっています。

国立台湾文学館、旧台南州庁の廊下

図書スペース

国立台湾文学館、旧台南州庁の図書コーナー

地下は図書スペース。

外観

国立台湾文学館、旧台南州庁の外観

台南の街中でも、非常に存在感のある国立台湾文学館。
建物の周囲はヤシの木や鳳凰木が立ち並び、南国と日本統治時代の建築物が融合しています。

近くには台南市美術館、孔子廟、林百貨など、台南の主要観光スポットが集結。
アクセスしやすい場所のため、散策コースとしてもおすすめです。

国立台湾文学館、旧台南州庁の外観

国立台湾文学館、旧台南州庁の外観

国立台湾文学館、旧台南州庁の外観

国立台湾文学館、旧台南州庁の外観

国立台湾文学館、旧台南州庁の外観

国立台湾文学館(旧台南州庁)の行き方・アクセス方法

台鉄「台南」駅より2番、88番バス乗車6分「孔廟(台灣文學館)」下車すぐ。

国立台湾文学館(旧台南州庁)の営業時間

国立台湾文学館、旧台南州庁の営業時間

国立台湾文学館(旧台南州庁)
住所:No. 1號, Zhongzheng Road, West Central District, Tainan City, 台湾 700
電話番号:+886 6 221 7201
営業時間:9時00分~18時00分
定休日:月曜日

shares