祀典武廟 関羽を祀る関帝廟の台湾総本山(台南)

台南の祀典武廟の外観

三国志の武将、関羽を祀る関帝廟の台湾総本山、台南の祀典武廟(してんぶびょう、スーディエンウーミャオ、Ji Dian Wu Miao)を訪れました。

祀典武廟

台南の祀典武廟の外観

商売の神様として台湾でも広く信仰されている、関帝(関羽)を祀る 祀典武廟(してんぶびょう、スーディエンウーミャオ、Ji Dian Wu Miao)

隣に建つ大天后宮の前身、明朝王族末裔・寧靖王の府邸があった時代(17世紀半ば)の創建と言われています。

その後の清朝時代に改築、拡張しながら今日の姿へ。1983年に国定一級古跡として指定されました。

案内図・参拝ルート

台南の祀典武廟の案内マップ

祀典武廟の案内図(※クリックで拡大します)

入り口は南側の三川門より。奥に広い造りとなっています。

廟内の見学は無料、線香や供物は別途購入できます。

台南の祀典武廟の廟内

天公爐・再拜殿

台南の祀典武廟の廟内

天公爐、再拜殿の中庭。

神格化された関帝の武器、青龍偃月刀の姿も。

正殿

祀典武廟の関帝、関羽

正殿に祀られる関聖帝君(関羽)。

月下老人

祀典武廟の月下老人

祀典武廟では、縁結びの神様「月下老人」も有名。
小さな祠の中にいらっしゃいます。

祀典武廟の月下老人

微笑んでいるようにも見える月下老人。

扁額

台南の祀典武廟の廟内

廟内にあるたくさんの扁額も見どころの一つ。

台南の祀典武廟の廟内

扁額「大丈夫」は、日本語の意味とは異なり、男(夫)という意味。

廟内 ギャラリー

台南の祀典武廟

台南の祀典武廟の廟内

台南の祀典武廟の廟内

台南の祀典武廟の廟内

台南の祀典武廟の廟内

台南の祀典武廟の廟内

台南の祀典武廟の廟内のおみくじ

台南の祀典武廟の廟内

台南の祀典武廟の廟内

台南の祀典武廟の外壁

台南の祀典武廟の通り

雰囲気のある横の小道は、お隣の媽祖廟「大天后宮」へ続いています。

台南の定番観光スポット「赤崁樓」からも徒歩1分。

合わせて巡るのもオススメです。

祀典武廟の行き方・アクセス方法

「赤崁樓」より徒歩約1分。

祀典武廟の営業時間

祀典武廟
住所:No. 229, Section 2, Yongfu Road, West Central District, Tainan City, 台湾 700
電話番号:+886 6 220 2390
営業時間:6時00分~21時00分
定休日:なし