林永泰興蜜餞行 ローカルに大人気!漢方風味のドライフルーツ

台南の林永泰興蜜餞のドライフルーツ

台南の安平にある人気ドライフルーツ店、林永泰興蜜餞(リンヨンタイシンミージェン、Linyong Taixing Mijianxing)を訪れました。

ドライフルーツの種類やお店の様子、場所など詳しくご紹介します。

林永泰興蜜餞行 Linyong Taixing Mijianxing

林永泰興蜜餞行の外観

台南の安平老街にあるドライフルーツ店、林永泰興蜜餞行(リンヨンタイシンミージェン、Linyong Taixing Mijianxing)は行列ができるほどの大人気店。

台南 安平のドライフルーツは、漢方風味が特徴です。

林永泰興蜜餞行の外観

今回は安平老街の店舗ではなく、安平の東エリアにある店舗(永泰興)に立ち寄りました。

安平老街の店舗と比べると、店内はかなり広々。
たくさんのドライフルーツが陳列され、ふんわりと漢方の香りが漂ってきます。

台南の林永泰興蜜餞のドライフルーツ

店内に試食は用意されていなかったので、袋越しの香りを頼りに商品を選びます。
物によっては顔を背けてしまう、かなり強力な漢方の香りも…。

てっきり無添加かと思いきや、添加物と着色料も普通に入っているのがやや残念。

商品は全て「1袋 50元(約180円)」。

「辛いマンゴー」や「コーヒー味の梅」など、なかなか冒険的な種類も多数。

橄欖(オリーブ)、洛神(ハイビスカス)、玫瑰條(ローズヒップ)、情人果(青いマンゴー)、芭樂(グァバ)、李(スモモ)など読み方が難しい。

永泰興蜜餞(ドライフルーツ)

この香りは美味しそうだな〜と思ったドライフルーツを購入してみました。
蕃茄(トマト)・芒果(マンゴー)・烏龍茶梅(うめ)。

永泰興蜜餞(ドライフルーツ)

中身はこちら。
左から、蕃茄(トマト)・芒果(マンゴー)・烏龍茶梅(ウメ)。

林永泰興蜜餞のドライフルーツのトマト

まずはトマト(蕃茄)。
ほんのりと漢方の香りがするものの、食べてみるとそこまで気になりません。

林永泰興蜜餞のドライフルーツのトマト

トマトの酸味と甘みのバランスが良く、シャクシャクした歯ごたえ。
香り通りの味で美味しいです。

林永泰興蜜餞のドライフルーツのマンゴー

お次にマンゴー(芒果)。
一見、普通のドライマンゴーと変わりませんが、表面に漢方の粉が付いているのが分かります。

林永泰興蜜餞のドライフルーツのマンゴー

んん〜これは漢方風味が強め。食べられないこともないですが、マンゴーに漢方はやっぱり違和感あり。

普通のドライマンゴーが食べたいと思ってしまいました。

林永泰興蜜餞のドライフルーツの凍頂茶梅

最後に烏龍茶梅。「茶梅」は梅をウーロン茶などで漬けた お茶受けです。

購入したものはドライタイプではなく、通常タイプの茶梅。

林永泰興蜜餞のドライフルーツの凍頂茶梅

酸味が抑えられてまろやか。漢方の風味も特段違和感なく、美味しく頂けました。

ちなみに日本へ持ち帰る際は、機内持ち込みだと液体物扱いになる可能性もあるので、預け荷物にした方が無難そうですね。

永泰興蜜餞(ドライフルーツ)

林永泰興蜜餞のドライフルーツは、漢方の風味が独特なので、好き嫌いは分かれるかもしれません。

今回購入した中では、トマトが断トツでお気に入りです。

香りそのままの味なので、香りを確認しながら商品を選ぶのがおすすめ。

値段は1袋50元(約180円)と安いので、話のタネにいくつか試してみるのも良さそうですね。

台湾のフルーツ 中国語の読み方」についてはこちらのページが便利です。

清吉水果のマンゴー 台湾のフルーツ 旬の時期と中国語の読み方(ピンイン)

林永泰興蜜餞行(永泰興)の行き方・アクセス方法

「安平老街メインストリート」より徒歩約10分。
「安平古堡」より徒歩約15分。

林永泰興蜜餞行(永泰興)の営業時間

林永泰興蜜餞行(永泰興)
住所:No. 542號, Anping Road, Anping District, Tainan City, 台湾 708
電話番号:+886 6 228 9271
営業時間:11時30分~19時00分
定休日:月・木
林永泰興蜜餞行(安平老街店)
住所:No. 84, Yanping Street, Anping District, Tainan City, 台湾 708
電話番号:+886 6 225 9041
営業時間:11時30分~20時00分
定休日:火・水
台南のお土産 貰って嬉しいおすすめ商品をご紹介! 台南のお土産 貰って嬉しいおすすめ商品をご紹介!

<< 台南のお土産 貰って嬉しいおすすめ商品をご紹介!