台湾の入国手続き 入国カードの書き方

台湾の入国カード記入例

台湾の入国手続きの流れ、入国カードの書き方を解説します。

台湾の入国手続き

STEP.1
入国カードの記入
入國登記表(Arrival Card)を記入
STEP.2
入国審査
「持非中華民國護照旅客」の窓口に並ぶ
STEP.3
預け入れ手荷物の受け取り
「行李提領(Baggage Claim)」で預け入れ手荷物の受け取り

入国カード(入国登記表)の書き方

台湾の入国カード記入例

台湾の入国カード記入例(※クリックで拡大します)

台湾の入国カード(入國登記表、Arrival Card)の記入例です。

入国カードは機内でCAさんから受け取れます。
予め機内で記入を済ませておくとスムーズです。

入国審査のカウンター前にも置いてあるので、到着後に記入することもできます。

MEMO

1.姓
2.名前
3.パスポート番号
4.誕生日
5.国籍
6.性別
7.フライト番号
8.職業
9.ビザの種類(ビザがある場合のみ記入)
10.ビザの番号(ビザがある場合のみ記入)
11.住所
12.滞在するホテルの名称または住所
13.台湾渡航の目的
14.サイン



入国審査

桃園国際空港に着いたら「入境検査」の看板に従う

飛行機を降りたら、入境檢查(Immigration)を目指す

過去12ヵ月以内に3回台湾に入国した方は、「常客証」を申請することで入国審査がスピーディに完了します。

具体的な申請方法については「台湾リピーターは申請しよう!「常客証」の申請方法と書き方」をご覧ください。

台湾の常客証 台湾リピーターは申請しよう!「常客証」の申請方法と書き方

預け入れ手荷物の受け取り

桃園国際空港のBaggage Claim電光掲示板

Baggage Claim電光掲示板で番号を確認

預け入れ手荷物の受け取り(Baggage Claim)の電光掲示板に「出発地」「航空会社」「フライト番号」「手荷物受取所の番号」が記載されています。

今回は香港から長榮航空の飛行機BR828便で来たので、6番の受取所へ向かいます。

自分の手荷物を確認し、受け取ります。

shares