台湾行きの航空券を購入しよう

タイガーエア台湾のクロロシート

航空券の種類、航空券を検索・購入するシンプルな方法(流れ)を解説します。

航空券の種類

航空券の種類には大きく分けて3種類あります。

  • 普通運賃航空券
  • PEX航空券
  • 格安航空券

以下、それぞれの特徴です。

メリット デメリット
普通運賃航空券 予約変更手数料なし
取り消し・払い戻し手数料なし
マイルの積算率が高い
航空券の金額が高い
PEX航空券
(航空会社の正規割引航空券)
航空券の金額が安い マイルの積算率が低い
予約変更時に手数料がかかる
取り消し・払い戻し時に手数料がかかる場合や、不可の場合がある
格安航空券
(旅行会社のツアーチケットをバラ売りする航空券)
航空券の金額が安い マイルの積算率が低い
取り消し・払い戻し時に手数料がかかる場合や、不可の場合がある
緊急時は格安航空券を販売する旅行会社を挟む必要があり、面倒なことも

個人旅行で航空券を安く手配する場合は「PEX航空券」「格安航空券」、あるいは「LCC(格安航空会社)」を検討します。

MEMO
予約クラスや条件は航空会社により異なります。
詳細は各航空会社の公式サイトにてご確認ください。

航空券検索から予約の流れ

  • STEP.1
    航空券横断検索サイトで料金検索
    航空券横断検索サイトは「Googleフライト」「スカイスキャナー」が便利です。

    Googleフライト

    スカイスキャナー

  • STEP.2
    航空券の予約・購入
    航空券横断検索サイトで表示された「外部(旅行会社)の予約サイト」または「航空会社の公式サイト」で予約・購入します。

    自分は(台湾行きに限らず)、ほぼ後者の「航空会社の公式サイト」で航空券を購入することが多いです。
    理由を以下で解説します。

格安航空券のデメリット

旅行会社を通じて購入する「格安航空券」のメリットは航空券の金額が安い点です。
しかし反面、「格安航空券」のデメリットは、緊急時の応対です。

航空券を直接航空会社の公式サイトから購入したわけではないため、間には航空券を販売した旅行会社がいます。
欠航した便の払い戻し等の手続きを行う際は、旅行会社を通じて行う必要が出てくるわけです。

特に気をつけたいのはオペレーターに「たらい回し」にされたり、日本語が通じなかったり、電話が通じるまでに時間がかかる(=その分携帯料金がかかる)リスクのある旅行会社です。

2018年9月に発生した「平成30年台風第21号」で関西国際空港が浸水し多くの便が欠航となりましたが、Twitterのタイムライン上ではとある会社経由で航空券を購入した方が途方に暮れている様子が流れてきました。

最安値は最安値とは限らない

スカイスキャナーをはじめとする航空券横断検索サイトで表示された「最安値」が「最安値でない」ケースがあります。

仮に旅行会社の提示する料金が最安値を示していた場合でも、必ず航空会社の公式サイトをチェックしましょう。
航空会社の公式サイトを調べてみると、さらに安い金額で購入できる場合があります。

MEMO

以前、「成田-台北-香港-台北-成田」という旅程でスカイスキャナーで検索したところ、「最安値」で表示されたのは旅行会社でした。

直後に航空会社のエバー航空でチェック。
スカイスキャナーで提示された旅行会社の最安値よりも4,000円近く安い金額で航空券を購入できた実例があります。

Googleフライト

スカイスキャナー

タイガーエア台湾の機内座席 台湾への飛行機 就航都市・フライト時間