海外旅行保険に必ず加入しよう クレジットカードの保険と保険会社の保険

海外旅行保険に必ず加入しよう

海外旅行にはトラブルが付き物。
そんな時に万が一の安心・備えになるのが海外旅行保険です。

海外旅行保険には「クレジットカードに付帯する海外旅行保険」と「保険会社の海外旅行保険」があるので、旅行に行く前に補償内容や補償金額を確認し、必ず加入しておきましょう。

万が一の時に頼りになる海外旅行保険

海外旅行中にトラブルに遭遇した時、一体どのぐらいの費用がかかるのでしょうか?

以下、損保ジャパン日本興亜の保険金お支払い事例を引用します。

(スマホの場合は
横にスクロール可)

種類
事例 支払金額
治療費用 アメリカで友人の運転する車に乗っているときに、車が道路を外れてスピン。
右手を骨折してしまい、手術をして5日間入院。
(20代男性)
2,291,236円
賠償責任 フランスのホテルで、バスタブのお湯をあふれさせ、
階下と周囲の部屋が使用できなくなったことで、
ホテル側から損害の賠償を求められた例。(女性)
12,438,470円
賠償責任 シンガポールでリュックの外ポケットに入れた
レンタル携帯電話を盗まれ、レンタル会社から賠償を求められた例。
217,904円
携行品損害 コペンハーゲンにて買い物中、リュックサックを開けられて、
中に入っていた貴重品類を盗まれた。
(女性)
176,358円

www.sjnk.jp/kinsurance/travel/kaigai/airport-off-narita/case/index.html

上記は海外旅行保険のお支払い事例です。
海外旅行保険で発生した多額の費用をカバーできています。

しかし、もし海外旅行保険に加入していなかったら…?
上記はすべて自費です。

海外旅行保険の補償内容

傷害死亡・後遺障害 旅行中のケガによる死亡、旅行中の怪我による後遺障害
傷害治療費用 旅行中のケガ・交通事故の治療
疾病死亡 旅行中の体調不良・病気による死亡
疾病治療費用 旅行中の体調不良・病気
賠償責任 偶然の事故で他人をケガさせたり物を壊した際の賠償責任
携行品損害 携行品が盗難を受けた場合
救援者費用 救援者が現地に行くための交通費など
航空機寄託手荷物遅延等費用 航空機に預けた手荷物が遅れた場合

海外旅行保険の種類

海外旅行保険には、以下の2種類があります。

  • クレジットカードに付帯する海外旅行保険
  • 保険会社の海外旅行保険

クレジットカードに付帯する海外旅行保険

ぷちち台湾の持っているクレジットカード

「クレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険」の補償内容や保険会社は、クレジットカードのステータスごとに異なります。

一般的には、年会費が高額のクレジットカードほど補償内容が充実しています。

自動付帯と利用付帯

「クレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険」には「自動付帯」と「利用付帯」の2種類があります。

  • 自動付帯:海外旅行の旅費を当該カードで支払わなくても、カードを持っていると保険が適用される
  • 利用付帯:海外旅行の旅費の一部を当該カードで支払う必要がある

「自動付帯」のクレジットカードであれば、カードを発行するだけで保険が適用となります。
つまり、旅費の支払いに当該クレジットカードで決済をしなくても海外旅行保険が適用となります。

「利用付帯」のクレジットカードの場合、海外旅行の旅費の一部を当該カードで支払わなければ海外旅行保険が適用されません。

クレジットカードの海外旅行保険の補償は合算できます(傷害死亡・後遺障害を除く)

ぷちち台湾の持っているクレジットカード

クレジットカードの海外旅行保険の補償金額は合算できます(傷害死亡・後遺障害を除く)。

例えば、下記表は「年会費無料」「自動付帯」のクレジットカード「エポスカード」「Booking.comカード」の補償内容です。

保険の種類 » エポスカード » Booking.comカード 合計
傷害死亡・後遺障害 500万円 300万円
(利用付帯の場合2,000万円)
合算されず、最も高い金額が適用となる
傷害治療費用 200万円 100万円 300万円
疾病治療費用 270万円 100万円 370万円
賠償責任 2,000万円 2,500万円 4,500万円
携行品損害 20万円 20万円 40万円
救援者費用等 100万円 150万円 250万円

例えば、疾病治療費用については「エポスカードの270万円」と「Booking.comカードの100万円」が合算され、最大補償金額が「合計370万円」となります。

ここでのポイントは「傷害死亡・後遺障害」については合算できないという点です。
「傷害死亡・後遺障害」については、最も高い金額が適用となります。

クレジットカードの海外旅行保険のデメリット

クレジットカードの海外旅行保険のデメリットは以下の通り。

  • 「保険会社の海外旅行保険」と比較すると補償額が小さい
  • 疾病死亡による補償がない
  • 最大90日間まで

「クレジットカードに付帯する海外旅行保険」は「保険会社の海外旅行保険」と比較すると、補償額が小さいです。
クレジットカードによっては補償が足りない場合がありますので、クレジットカードの海外旅行保険のみで対応する場合には「カードの保有枚数を増やして合算補償金額に厚みを持たせる」ことをおすすめします。

「クレジットカードに付帯する海外旅行保険」には疾病死亡による補償がありません
疾病死亡による備え・補償を希望する場合は、後述する「保険会社の海外旅行保険」に加入しましょう。

また、クレジットカードに付帯する海外旅行保険は「最大90日間」であることがほとんどです。
長期の旅行には不向きな場合があります。



保険会社の海外旅行保険

「保険会社の海外旅行保険」は保険金額が別途必要になる分、補償内容が充実しています。

保険料抑えたいプラン 保険料と補償バランスプラン 補償充実させたいプラン
保険料 1,590円 1,880円 2,270円
傷害死亡・後遺障害 1,000万円 2,000万円 3,000万円
治療費用 1,000万円 2,000万円 2,000万円
疾病死亡 1,000万円 2,000万円 3,000万円
賠償責任 1億円 1億円 1億円
携行品損害 30万円 30万円 50万円
救援者費用 1,000万円 1,000万円 2,000万円
航空機寄託手荷物遅延等費用 10万円 10万円 10万円

上記表は損保ジャパン日本興亜の海外旅行保険「新・海外旅行保険off!」にて「台湾旅行・1名・3泊4日」の海外旅行保険インターネット見積もりの一例です。

保険料が高い分、補償内容が充実。
特に、治療費用と賠償責任については「クレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険」よりも手厚くなっています。

オンラインでの見積もり・申し込みがお得

「保険会社の海外旅行保険」は空港の窓口で申し込むよりも、事前にインターネットで申し込む方が割安です。

新・海外旅行保険off!|損保ジャパン日本興亜

ネットde保険@とらべる|三井住友海上

たびとも|エイチ・エス損害保険



海外旅行保険

海外旅行をツアーで予約すると、ツアー会社から「保険会社の海外旅行保険」への加入を勧められます。
既にクレジットカードをお持ちの場合「クレジットカードに付帯する海外旅行保険」で十分という場合もありますので、事前にお手持ちのクレジットカードの海外旅行保険の内容を確認されることをおすすめします。

もし「クレジットカードの海外旅行保険」の補償内容だけで不安がある場合は「保険会社の海外旅行保険」に加入して補償を合算することもできます。
組み合わせるのも選択肢のひとつです。

Pinterestでこのページを保存!

海外旅行保険に必ず加入しよう

エポスカード 海外旅行におすすめのクレジットカード vol.1 エポスカード 海外旅行におすすめのクレジットカード vol.1 Booking.comカード 海外旅行におすすめのクレジットカード vol.2 Booking.comカード 海外旅行におすすめのクレジットカード vol.2 SPGアメックスカード 海外旅行におすすめのクレジットカード vol.3 SPGアメックスカード 海外旅行におすすめのクレジットカード vol.3 ぷちち台湾の持っているクレジットカード ぷちち台湾の持っている海外旅行クレジットカード選抜

shares