台湾旅行でスマホからネット接続しよう おすすめの方法を解説します

台湾旅行でスマホからネット接続しよう おすすめの方法を解説します

台湾旅行中にスマホからインターネット接続したい!

台湾のお出かけ先でスマホからインターネットに接続する方法を説明します。

台湾旅行でスマホからネット接続する方法

台湾でお手持ちのスマートフォンからインターネット接続する方法は2つ。

  1. 台湾の通信会社のSIMカードを購入する
  2. 台湾の通信会社のWiFiをレンタルする

それぞれのメリット・デメリットは下記の通りです。

メリット デメリット
SIMカード購入 ・通信容量無制限
・返却の手間がない
・WiFiレンタルよりも安い
SIMロックがかかっているスマホだと手続きが面倒(SIMロック解除については後述します)
WiFiレンタル ・複数人で使用すれば割安になることも ・SIMカード購入よりも高い
・WiFiの充電が面倒

・WiFiを持っている人とはぐれてしまった時に、インターネットに接続できない
・WiFIの返却が面倒

ぷちち台湾としては「SIMカードの購入」を推奨します。

台湾の通信会社のSIMカードを購入する

台湾のSIMカードは通信容量無制限

台湾の通信会社のSIMカードの最大の魅力は「通信容量無制限」です。

1日に500MBでも1GBでも、いくら使ってもOK。
インスタグラムやLINE、Google検索はもちろん、YouTubeもTikTokも通信容量を気にせず使えます。

台湾のSIMカードは空港で購入できます

桃園空港第1ターミナルのSIMカード売り場

桃園空港第1ターミナルのSIMカード売り場

台湾の空港には「通信会社のプリペイドSIMカード販売窓口」があり、各社の窓口でSIMカードを購入できます。

SIMカードを購入すると、SIMカードの差し替えや設定はすべてスタッフの方が行ってくれます。

SIMカード料金プランの比較

台湾には、日本のNTTドコモやソフトバンクのように複数の通信会社があります。

以下は台湾の大手通信会社3社の「中華電信」「台湾大哥大」「遠傳電信」のSIMカード料金プランの比較表です。
料金は利用日数に異なり、各社「ほぼ同じ」と言ってもよいぐらいです。

中華電信 台湾大哥大 遠傳電信
3日間 NT$300 NT$300 NT$300
5日間 NT$300 NT$300 NT$300
7日間 NT$500 NT$500 NT$450
10日間 NT$500 NT$500 NT$500
15日間 NT$700 NT$700 NT$700
30日間 NT$1,000 NT$1,000 NT$1,000

5日間でNT$300。
NT$=3.7円で計算すると1,110円です。

もし5日間のSIMカードを3人分欲しければNT$900となります。
NT$=3.7円で計算すると3,330円です。

SIMカードを購入するのに必要なもの

台湾のSIMカードを購入するのに必要なものは

  • パスポート
  • 現金(台湾ドル)
  • SIMフリーのスマホ・タブレット

現金(台湾ドル)は「台湾の空港に到着後に両替所で両替」するか「クレジットカードを使ってATMでキャッシング」して入手しましょう。

問題はSIMフリーのスマホ・タブレットについて。
日本で既に「格安SIM」を利用されている場合は、SIMフリーのスマートフォンをお持ちだと思います。
その場合、台湾のSIMカードを差しこんでそのまま使えます。

しかし、大手キャリア(NTTドコモ、au、ソフトバンク)のスマートフォンをご利用で「SIMロック」がかかっている場合は、事前に「SIMロック解除手続き」が必要となります。

携帯電話会社 SIMロック解除申込みページ
NTTドコモ SIMロック解除の手続き
au SIMロック解除のお手続き
ソフトバンク ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する/SIMロック解除

台湾の通信会社のWiFiをレンタルする

もしSIMロックの解除手続きが間に合わなかったり(あるいは面倒だったり)、一緒に旅行する人の人数が多い場合は、SIMカードの購入ではなく「WiFiをレンタル」して使うのも、選択肢のひとつです。

WiFiをレンタルされる場合は、台湾でレンタルされることをおすすめします。
台湾でレンタルすると日本の会社よりも値段が段違いで安いですし、SIMカードと同様に「通信容量無制限」です。

KKday|無制限4GポケットWiFiレンタル(桃園・松山・高雄)

KLOOK|無制限4GポケットWiFiレンタル(桃園・松山・高雄)

日本でWiFiをレンタルされようとされる方、検討しているプランをよく確認してください。
1日の通信容量が500MBや1GBではないですか?
その場合、友人複数人で同時に使うと、一日の途中で容量がなくなってしまう可能性があります。

まとめ

台湾の空港でSIMカードを購入される場合は、下記の記事もあわせてご覧ください。

遠傳電信のSIMカード 台湾のプリペイドSIMカードまとめ

Pinterestでこのページを保存!

台湾旅行でスマホからネット接続しよう おすすめの方法を解説します

shares