台湾のプリペイドSIMカードまとめ

遠傳電信のSIMカード

SIMフリーのスマートフォンに「台湾現地通信会社のSIMカード」を入れて快適な通信環境を!

台湾のプリペイドSIMカードのご案内です。

台湾のプリペイドSIMカード

通信キャリア

台湾の空港で購入できるSIMカードの通信会社は主に以下の5社。

  • 中華電信 Chunghwa Telecom
  • 台湾大哥大 Taiwan Mobile
  • 遠傳電信 Far EasTone Telecommunications
  • 台湾之星 T Star
  • 亞太電信 Asia Pacific Telecom

料金プランの比較

大手3社「中華電信」「台湾大哥大」「遠傳電信」の料金プランの比較表です。

中華電信 台湾大哥大 遠傳電信
3日間 TWD300 TWD300 TWD300
5日間 TWD300 TWD300 TWD300
7日間 TWD500 TWD500 TWD450
10日間 TWD500 TWD500 TWD500
15日間 TWD700 TWD700 TWD700
30日間 TWD1,000 TWD1,000 TWD1,000
MEMO

各プランにより、付与される「無料通話の時間」が異なります。

台湾の空港でSIMカードを購入する

SIMカードは台湾の各空港の窓口で販売しています。

SIMカード購入時に必要なものは、

  • パスポート
  • 現金(台湾ドル)
  • SIMフリーのスマホ・タブレット

各空港でのSIMカード購入方法は下記リンクよりご確認ください。

空港 案内記事 通信会社
桃園国際空港 桃園国際空港でSIMカードを購入するガイド 中華電信
台湾大哥大
遠傳電信
台湾之星
亞太電信
台北松山空港 台北松山空港でSIMカードを購入するガイド 中華電信
高雄国際空港 高雄国際空港でSIMカードを購入するガイド 中華電信
台湾大哥大

おすすめは…正直どれも変わらない?

台湾では「中華電信」「台湾大哥大」「遠傳電信」「台湾之星」のSIMカードをそれぞれ使ったことがあります。

特にこだわりがなければ「中華電信」「台湾大哥大」「遠傳電信」の3社でOK。
体感で繋がりやすい・繋がりにくいとの極端な違いを感じたことがありません。

これまで利用したキャリアと、問題なく接続できたエリアのメモを残します。

中華電信 台北、高雄、台南、台中、日月潭
台湾大哥大 台北、高雄
遠傳電信 台北、花蓮
台湾之星 台北、台中、日月潭
MEMO

花蓮で使った「遠傳電信」はタロコ渓谷でも問題なく繋がりました。

「台湾之星」については台湾新幹線乗車時の「桃園から台中」区間の一部で3G接続になることがありました。

WiFiレンタルは現地レンタルがおすすめ

複数人で行動・ネット接続する場合、SIMカードを購入するよりも「WiFiルーター」をレンタルした方が1人あたりの金額が割安な場合も。

WiFiルーターをレンタルする場合、日本でポケットWiFiをレンタルするよりも、台湾現地でレンタルした方が料金が安いうえに「4G」「容量無制限」。

「容量無制限」というのはレンタルする際に重要なポイントです。
「容量無制限」は1日あたりのデータ通信量に制限がないため、通信容量を気にすることなくネット接続できます。

一方、日本のレンタル会社の場合「1日あたりのデータ通信量の制限」があることが多く、上限を超えると通信スピードが極端に遅くなります。

台湾でレンタルするWiFiの1日あたりのレンタル料金は下記リンクよりご確認ください。

無制限4GポケットWiFiレンタル(桃園・松山・高雄)はこちら

台湾桃園国際空港ターミナル1のSIMカード売り場 桃園国際空港でSIMカードを購入するガイド 台北松山空港のSIMカード売り場 台北松山空港でSIMカードを購入するガイド 高雄空港のSIMカード売り場 高雄空港でSIMカードを購入するガイド