冰讃 マンゴーかき氷人気店 ピンザン(台北)

冰讃のマンゴーかき氷

台北のマンゴーかき氷人気店、冰讚(ピンザン、Pinzan)

旬のマンゴーが採れる時期「4月〜10月のみ営業」というこだわりのお店です。

メニューや注文方法、お店の場所など詳しくご紹介します。

冰讃 Pinzan

台北の冰讃の外観

マンゴーかき氷が日本人に大人気のお店、冰讃(ピンザン、Pinzan)を訪れました。

お店はのんびりしたローカルな雰囲気。

行列を覚悟していましたが、6月の平日夕方ということもあり、すぐに入店できました。

冰讃の店内

満席の際は、店頭に並んで待ちます。土日や夏休みの時期は特に混みそうですね。

冰讃の営業期間

冰讃の営業期間(※クリックで拡大します)

2019年の営業期間は4月中旬から10月末まで。

冰讃のメニュー

冰讃のメニュー(※クリックで拡大します)

「No.1 芒果雪花冰(マンゴーシュエホワビン)」と書かれたメニューが、皆お目当てのマンゴーかき氷です。

マンゴーかき氷以外にも、あずきやその他のフルーツ系かき氷、ジュースなども充実しています。

先にレジで注文してお会計。呼び出しベルを受け取って、空いている席で少々待ちます。

ベルが鳴ったら、自分で受け取りに行きましょう。

冰讃のマンゴーかき氷

お待ちかねのマンゴーかき氷、芒果雪花冰(160元)。

氷はふわふわタイプ、2人でシェアでも十分な量です。

マンゴーは小さめ一口サイズにカット。マンゴーシロップと練乳も多めにかかっています。

冰讃のマンゴーかき氷

旬のマンゴーは最高!甘くて芳醇な味わいが口いっぱいに広がります。

冰讃のマンゴーかき氷

その他に、せっかくなのでマンゴースムージーも注文してみました。

冰讃のマンゴースムージー

マンゴースムージー、芒果果粒冰沙(100元)。

美味しいのですが氷が多く味が薄まってしまうので、マンゴージュース(70元)の方が良かったかも。

冰讃のマンゴーかき氷

エアコンのない店内で食べるマンゴーかき氷は、暑さを吹き飛ばす至福の一品ですね。

ただ、欲を言えばもう少しマンゴーの量が多いと嬉しいかなと思いました。

日本で160元(約555円)はリーズナブルですが、台湾の物価を考えるとマンゴーの量が少し淋しい気もします。

冰讃のマンゴーかき氷

マンゴーが盛り盛り乗ったマンゴーかき氷ではないものの、旬のマンゴーの美味しさは格別で満足です。

地元の方はマンゴーかき氷以外のメニューを食べている方が多く、プリントッピングも気になりました。

お店は雙連駅から徒歩約2分とアクセスが良いのもポイント。寧夏路夜市からも近いので、食べ歩きにもオススメです。

冰讃の行き方・アクセス方法

MRT捷運「雙連」駅2番出口より徒歩約2分

冰讃の営業時間

冰讃
住所:No. 2, Shuanglian Street, Datong District, Taipei City, 台湾 103
電話番号:+886 2 2550 6769
営業時間:11時00分~22時30分
定休日:夏季のみ営業
台北で食べる!美味しいグルメ 案内マップ付き(台北美食) 台北で食べる!美味しいグルメ 案内マップ付き

<< 台北で食べる!美味しいグルメ 案内マップ付き