東東芋圓 芋もちデザート店 ドンドンユーイェン(台中)

東東芋圓の芋もち

台中の人気デザート店、東東芋圓(ドンドンユーイェン、Don Don Taro Ball)を訪れました。

東東芋圓 Don Don Taro Ball

東東芋圓の外観

芋圓(ユーイェン)とはタロイモや里芋を練って作る芋もち。台中の東東芋圓(ドンドンユーイェン、Don Don Taro Ball)は芋圓がたっぷり入ったデザートの人気店です。
平日でしたがお店は次々とお客さんが訪れ賑わっていました。

東東芋圓のメニュー

東東芋圓のメニュー(※クリックで拡大します)

冷たいメニューは6種類。温かいメニューは1種類で、冬季は数種類増えるようです。

東東芋圓のメニュー

芋圓(タロイモ&サツマイモ)は全てのメニューに入っており、他のトッピングは紅豆、大豆、緑豆、薏仁(ハトムギ)、鳳梨(パイナップル)、珍珠(タピオカ)、仙草、芋頭(タロイモ)。

東東芋圓のメニュー

東東芋圓のメニュー(※クリックで拡大します)

注文用紙に記入しレジで先にお会計。レシートに番号が書かれているので自分の番号になったら受け取ります。

【鳳梨3號】と【仙草5號】を注文。周りのお客さんもこのメニューを頼んでいる方が多かったです。

東東芋圓の芋もち

芋圓たっぷりでなかなかのボリューム。下半分はシロップが入った氷で、上のトッピングはまだほんのり温かみが残っている状態です。

東東芋圓の芋もち

まずは【仙草5號】から。芋圓・仙草ゼリー・タピオカ・タロイモ。

東東芋圓の芋もち

オレンジ色はサツマイモの芋圓、灰色はタロイモ芋圓。しっかり芋の味がして柔らかめのもちもち食感です。より弾力あるモチモチが好みの方は、氷に沈めて冷やすと程よく硬くなります。
タピオカは中ぐらいの大きさ。芋圓の下に隠れていましたが結構入っていました。仙草ゼリーはほんのり漢方の風味がしてさっぱり味です。

東東芋圓のタロイモ

そして芋頭(タロイモ)。なんとこの地味なタロイモがトッピングの中で一番美味しかったです!タロイモや里芋はおかずの印象が強いのですが、こちらのタロイモはサツマイモのようにねっとり甘くて完全にデザートですね。

東東芋圓の芋もち

次に【鳳梨3號】。芋圓・パイナップル・緑豆・タロイモです。

東東芋圓の芋もち

こちらのパイナップルは甘く煮詰めてあるのか、もしくは缶詰?のようであまりインパクトがありませんでした。緑豆はあまり甘くないずんだに近いかな。やはりタロイモが1番美味しいですね。

東東芋圓の店内

店内に掲示されていた説明によるとタロイモは大甲芋頭、サツマイモは大肚山紅蕃薯といういずれも台中産の現地直送のお芋とのこと。芋キャラもゆるくていい味出てます。

東東芋圓の芋餅

ちなみに別日に再訪し、【紅豆1號】も食べてみました。トッピングは紅豆・大豆・芋頭です。

東東芋圓の小豆

紅豆はいたって普通のあずき。

東東芋圓の大豆

大豆は想像していたものと異なり大きめサイズの煮豆。フジッコのおまめさんにそっくり。芋と豆づくしでなかなか美味しかったです。

東東芋圓のタロイモ

どのメニューにするか迷ったら芋頭(タロイモ)が入っているメニューがおすすめ!もったりと素朴で美味しいです。
ボリュームたっぷりで50元(約183円)とお財布に優しいですね。夜は22時まで営業。台湾デザートを気軽に楽しめるのでふらりと立ち寄るのも良さそうです。

東東芋圓の外観

今回訪れたのは東東芋圓の市府店。台中駅からは徒歩約10分です。

東東芋圓(市府店)の行き方・アクセス方法

台鐵台中駅より徒歩約10分

東東芋圓(市府店)の営業時間

東東芋圓(市府店)
住所:No. 63號, Shifu Road, Central District, Taichung City, 400
電話番号:+886 4 2227 5678
営業時間:10時00分~22時00分
定休日:不定休
台中で食べる!美味しいグルメ 案内マップ付き 台中で食べる!美味しいグルメ 案内マップ付き

<< 台中で食べる!美味しいグルメ 案内マップ付き