春水堂 創始店 タピオカミルクティー発祥! チュンスイタン(台中)

春水堂のタピオカミルクティー

台湾といえばタピオカミルクティー!というぐらい定番の国民的ドリンク。そんなタピオカミルクティー発祥のお店、春水堂(チュンスイタン、Chun Shui Tang)の本店を訪れました。

春水堂 Chun Shui Tang

春水堂の本店の外観

春水堂(チュンシュイタン、Chun Shui Tang)は創業1983年、台湾で45店舗を展開するお茶専門カフェです。元祖・珍珠奶茶(タピオカミルクティー)を目当てに、台中にある本店(春水堂創始店/台中四維店)を訪れました。

春水堂の台中本店の店内

日曜日の夜に訪問。観光客よりも地元の方で賑わっていました。店内は茶藝館のような趣ある造りで、1階と地下1階にも席があります。

春水堂の台中本店のメニュー

春水堂の台中本店のメニュー(クリックで拡大します)

春水堂はお茶専門カフェでありながらフードメニューも充実しているのが特徴です。

春水堂のタピオカミルクティー

まずは元祖タピオカミルクティー。茶葉は香料防腐剤無添加というこだわり。
お茶の味が感じられ、とても上品なタピオカミルクティーです。

ミルクとタピオカの甘みがあるので、個人的にはシロップは少なめか無しでも全然OK。
氷は少なめでお願いした方が良かったかも。タピオカはやや小さめでもちもちです。

春水堂の台中本店のタピオカミルクティー

こちらはホットのタピオカミルクティー。タピオカは温かく柔らか食感。

ノンシュガーでお願いしましたが、タピオカの甘みが溶け出しているのか、程よく甘くて美味しかったです。

春水堂のホットのタピオカミルクティー

カップの1/3はタピオカなのでは?というぐらいタピオカたっぷりでした。

春水堂のフードメニューの大根餅

フードメニューも注文。台湾では定番料理の大根餅。

春水堂のフードメニューの大根餅

外はカリカリ、中はふんわりしています。豆の風味を感じる醤油だれもgood。

春水堂のエビシューマイ

エビシューマイ。中身は肉餡のシューマイにエビがトッピング。

しっかりとした味付けと醤油・酢の程よいタレで美味しいです。おすすめ。

春水堂のXO醤辣拌麺

こちらは頂級XO醤辣拌麺。まぜ麺なので、よく混ぜましょう。一口目からピリッとした辛さ。

春水堂のXO醤辣拌麺

唐辛子マークが2つ付いていただけあり、食べ進めるほど辛さが増してきますが、XO醤のコクもあり美味しいです。タピオカミルクティーとの相性は抜群ですね。

春水堂の牛すじのトマト牛肉麺

こちらは半筋半肉蕃茄牛肉麺。甘めの味付けの牛すじトマト牛肉麺で、辛さはありません。

春水堂の牛すじのトマト牛肉麺

麺は刀削麺で食べ応えあり。

春水堂の牛すじのトマト牛肉麺

牛すじも柔らかく、トマトスープによく合います。脂身は少し残してしまいました。

春水堂の巧夫麺

こちらは巧夫麺。

味わいは魯肉飯にそっくり。豚肉そぼろとモヤシがトッピングされた中太平麺で、やや縮れています。

ちょっとだけ辛いですが、シンプルで万人受けする印象。普通とも言えます。

春水堂のXO醤辣拌麺

タピオカミルクティーとの相性を考えると、少し辛いフードメニューの方が良いかもしれませんね。

個人的にはしっかり辛い「頂級XO醤辣拌麺」がお気に入りです。

辛さと甘さの相乗効果で満足度が上がります。

春水堂の本店の店内

店内には春水堂の歴史がクイズ形式で掲示されていたのでぜひチェックしてみてください。

タピオカミルクティー発祥の秘密が分かりますよ。

春水堂の本店の店内

タピオカミルクティーがこのお店から世界へと広がったと思うと、なかなか感慨深いですね。

春水堂の本店の店内

春水堂の本店の店内

可愛いイラストも和みます。

春水堂の台中本店の外観

春水堂の台中本店の外観

ただ甘いだけではなくお茶にこだわる上品なタピオカミルクティーで、元祖の風格を感じました。

ご飯メニューも充実しているので、ランチや夜にもオススメです!

春水堂(創始店)の行き方・アクセス方法

台鐵台中駅より徒歩約15分

春水堂(創始店)の営業時間

春水堂(創始店)
住所:No. 30號, Siwei Street, West District, Taichung City, 台湾 403
電話番号:+886 4 2229 7991
営業時間:8時00分~22時00分
定休日:不定休
台中で食べる!美味しいグルメ 案内マップ付き(台中美食) 台中で食べる!美味しいグルメ 案内マップ付き

<< 台中で食べる!美味しいグルメ 案内マップ付き

台湾で飲んだドリンクスタンドまとめ

<< 台湾で飲んだドリンクスタンドまとめ

shares