» ぷちち台湾の公式ピンタレストを開設しました!

淡水の漁人碼頭から望むノスタルジックな夕日

台湾の淡水の夕日

淡水(タンシュイ、Tamsui)は夕日の名所で有名な観光地。

その中でも夕陽鑑賞のベストスポット、漁人碼頭(ユィーレンマートウ、Tamsui Fisherman’s Wharf)を詳しくご紹介します。

漁人碼頭 Tamsui Fisherman’s Wharf

台湾の淡水の夕日

夕日の名所、淡水(タンシュイ、Tamsui)

夕日鑑賞は西側エリアにある漁人碼頭(ユィーレンマートウ、Tamsui Fisherman’s Wharf)の情人橋とデッキが定番です。

台湾の淡水の漁人碼頭のデッキ

漁人碼頭のデッキからは、目の前に遮るものは何もなく、座ってゆっくりと夕日を見ることができます。

台湾の淡水の情人橋

デッキと繋がる情人橋(Lover’s Bridge)
橋の上からも綺麗な夕日を眺めることができます。

平日でもたくさんの観光客で賑わっていました。

台湾の淡水の夕日

この日の「日の入り時刻」は17時半。

16時半過ぎには現地に着いたので、夕焼けものんびり楽しめました。
日の入り時刻は事前に調べておきましょう。

台湾の淡水の夕日

ゆったりとした時間が流れ、皆な想い想いに夕日を眺めています。

台湾の淡水の夕日

太陽はオレンジからピンク色へ。

台湾の淡水の夕日

台湾の淡水の夕日

沈むにつれて、一際大きく輝いて見えました。
さすが夕日の名所と言われるだけあるな、と改めて実感。

台湾の淡水の夕日

台湾の淡水の漁人碼頭のデッキ

夕日が沈んだ後のマジックアワーも幻想的です。

台湾の淡水の情人橋

日が沈むと情人橋もライトアップされ、昼とはまた違う姿に。

台湾の淡水の漁人碼頭のデッキ

デッキにも明かりが灯され、フォトジェニックな雰囲気です。

漁人碼頭の行き方・アクセス方法

台湾の淡水駅の外観

淡水駅

漁人碼頭の場所は、MRT淡水駅からやや離れているので、「バス」か「タクシー」で移動する必要があります。

路線バス「紅26」は本数が多くて便利
その他「836」「857」路線バスでもアクセス可能です。

淡水駅前から乗車約20分、終点「漁人碼頭」停留所下車すぐ。
料金は片道NT$。
ICカードは乗車時のみタッチします。

淡水 紅26線の路線バス停留所一覧

淡水 紅26線の路線バス停留所一覧(※クリックで拡大します)

淡水 836番線の路線バス停留所一覧

淡水 836番線の路線バス停留所一覧(※クリックで拡大します)

淡水 857番線の路線バス停留所一覧

淡水 857番線の路線バス停留所一覧(※クリックで拡大します)

台湾の淡水老街のバス停

ちなみに淡水老街周辺や、淡水の観光スポット「紅毛城」からも、上記の路線バスで「漁人碼頭」へ向かうことが可能です。

バスが来たら手を挙げましょう。
手を挙げていないと、止まらずに行ってしまうこともあるので注意です。

淡水の漁人碼頭の淡水漁市

夕日鑑賞後、帰りのバスは「淡水漁市(Tamsui Fish Market)」停留所が近くて便利。

日が沈むと皆一斉に帰るので、淡水駅行きのバスは混雑します。
ICカードを持っていると支払いがスムーズです。

台北から淡水の行き方

台湾の淡水駅の外観

淡水へのアクセスは電車で向かうのが一般的。
「台北駅」から「淡水駅」まで、MRT捷運レッドライン「淡水行き」に乗車約40分。
終点で下車。料金は片道NT$。

MRT捷運レッドラインは「北投行き」もあるので、その場合は「北投駅」で「淡水行き」に乗り換えます。

台湾の淡水の夕日

淡水の綺麗な夕日にうっとり。穏やかな風に吹かれて、心地よい時間を過ごせました。

夕日自体は、淡水駅周辺の遊歩道からも見ることはできますが、やはり夕日鑑賞のベストスポットは漁人碼頭です。

淡水で素敵なひとときを。