林百貨(台南)Hayashi Department Store

台南の林百貨店(Hayashi Department Store)

台南の観光スポットでもある林百貨(Hayashi Department Store)はお土産の宝庫。

レトロな館内にはMade in台湾のお洒落でハイセンスな商品が並び、買い物好きにもたまらない空間です。
お店の歴史、館内のご案内とともに、お土産にピッタリなおすすめの商品もご紹介します。

林百貨 Hayashi Department Store

台南の林百貨店(Hayashi Department Store)

林百貨(ハヤシ百貨、Hayashi Department Store)は日本統治時代に山口県出身の実業家、林方一氏により創立された百貨店。

近代化が進む1932年(昭和7年)に当時最新鋭の建築技術を集めて、通称「銀座通り」と呼ばれる台南一の目抜き通り「末広通り」で開業しました。

林百貨の外壁

1945年の敗戦によって閉業、終戦後は国民党政府の工場や警察事務所等として使用された時期もありましたが、1980年代からは空きビルの状態に。

その後1998年に台南市の市定古跡指定を受け、2010年より大規模な改修工事が開始、2013年に竣工。
そしてついに時を超えて2014年6月、当時の面影を随所に残しつつ、再び「林百貨」としてリニューアルオープンしたのです。

林百貨の歴史

林百貨の歴史概要(※クリックで拡大します)

入口横には林百貨の歴史が掲げられています。

林百貨の見どころ

林百貨の建物は木枠の窓や壁の丸窓、エレベーターの場所など間取りは当時とほとんど同じ。
屋上から見える外壁には空爆の跡も残っています。
当時の面影を感じられるよう上手くリノベーションされています。

エレベーター

林百貨のエレベーター

当時、近代的なエレベーターは大変珍しく皆の憧れの存在。林百貨のエレベーターに乗ることがステータスになっていたようですね。

林百貨の店内

ガラスケースで保護されているのは当時使われていた針。

林百貨のエレベーター

せっかくなのでぜひ乗ってみましょう。構造保護の為12人乗りから6人乗りへと縮小されています。

林百貨の歴史

林百貨エレベーターの概要(※クリックで拡大します)

空襲の爆撃跡

林百貨の爆撃をうけて破損した外壁

外壁には空爆の跡がそのまま残っています。

神社

林百貨屋上にある神社の鳥居

屋上には日本式の神社「末広社」も改修され蘇りました。

台南の林百貨 屋上の神社の解説

床タイル

林百貨の床タイル
林百貨の床タイル

床には当時使われていたタイルと、改修後のタイルが並んでいます。

林百貨の床タイル

木枠

台南の林百貨店の木枠

館内扉の上部には当時のままのの木枠が残っています。

 

館内フロア紹介

林百貨のフロアマップ

林百貨のフロアガイド(※クリックで拡大します)

フロアガイドはこちら。館内を1階から順にご紹介します。

1階 台南好客廳 台南リビングルーム

林百貨のパイナップルケーキ

1階は食品フロア。台湾土産の定番パイナップルケーキやドライフルーツ、台南名物グルメなどセンス溢れるパッケージの商品が並びます。

林百貨のパイナップルケーキ

林百貨で取り扱いしているパイナップルケーキは台南の奇美食品(CHIMEI)のもの。3個入り120元、6個入り240元、12個入り480元。

林百貨のパイナップルケーキ

愛文マンゴーを使ったマンゴーケーキもあります。3個入り150元、10個入り500元です。

酸味控えめでしっとりとしており、誰でも食べやすい万能なパイナップルケーキとマンゴーケーキです。パッケージも高級感があるので、ワンランク上のお土産としても良いですね。

林百貨のお菓子

台南の伝統菓子、椪餅(ポンピン)。中は空洞で黒糖が塗ってあり、素朴な味わいが人気。崩れやすいので持ち運びはちょっと大変かも。1個40元。

林百貨の奉茶のお茶

台湾茶も数多く揃えています。どの商品も素敵なパッケージ。

林百貨の台湾茶

こちらは台湾で一番古い台湾茶のお店、振発茶行の茶葉。少し高級品ですが旅の記念にいかがでしょう。

林百貨の記念スタンプ

記念といえば記念スタンプも1階に置いてありますので、ぜひ思い出に押してみましょう。

林百貨の奉茶のドリンクスタンド

また、一角には台湾茶の有名店「奉茶」のドリンクショップもあり、可愛いらしいデザインの茶葉や茶器も販売しています。

林百貨の奉茶のお茶

この奉茶のティーバッグは台湾らしいデザインでお土産にぴったり。

奉茶のティーバッグ

個別包装されているのでバラマキ土産にもぴったりでオススメです。

林百貨の奉茶

お茶も上品な味わいで美味しいです。一息つくのにおすすめ。

奉茶についての詳しい記事はこちら。

台南の奉茶の梨山烏龍茶台湾茶の有名店 奉茶 フォンチャー(台南)

2階 台南好設計 台南デザイン

林百貨の2階

2階は雑貨フロア。個人的に一番好きなフロアです。台湾デザイナーによるクリエイティブな商品が揃います。キッチン用品、ステーショナリーやカバン、靴、お財布、革製品など見ているだけで楽しくなります。

林百貨の店内

林百貨の店内

ハンドメイドの藺草(イグサ)製品。なんだか落ち着きますね。巾着で1,700元!なかなか強気です。

林百貨の店内

こちらはシルク牛革製品を扱うSweet Burdenという台湾ブランド。

林百貨の財布

お財布の他、定期入れやカードケースも人気です。

林百貨の財布

ずっと気になっていてついに購入!軽くてサラッとした手触り。風合いが素敵です。

林百貨の雑貨

キッチングッズには面白いランチョンマットも。

林百貨の雑貨

夜市の屋台がびっしり!とてもユニークです。自分の行ったことのある屋台をつい探してしまいます。

林百貨の店内

林百貨の売れ筋商品もディスプレイされていました。いずれもレトロでおしゃれ!

3階 台南好時尚 台南ファッション

林百貨のお店

3階は服飾、コスメ、アクセサリーなどのフロア。個性的なお店が多い印象です。

林百貨のお店

中でも注音符号(ボポモフォ)という文字の服を扱う「HEY SUN」が人気。主に台湾で使われる表音の文字です。

林百貨のお土産

シャツ1枚1,680元。サラッとしていて着やすいです。

4階 台南好文化 台南文化サロン

台南の林百貨のカフェ

4階はカフェ、旅行と音楽の専門書コーナー、展示スペースのフロア。お買い物の合間にちょっと休憩したいときに便利なカフェ「HAYASHI cafe」があります。

林百貨の店内

林百貨の歴史

フロア中央が林百貨の建物についての展示スペースになっています。

5階 台南好美味 台南ダイニング

台南の林百貨の店内

林百貨のラムネ

5階はレストランフロア。レストランの隣には、ラムネや金太郎飴など昔懐かしい駄菓子屋さんのような売り場も。見ていて楽しいコーナーです。

6階 台南好風景 台南景色 屋上から眺める美しい風景

林百貨からの眺望

階段を上がると屋上になっており、展望スペースになっています。眼下に見える土地銀行も日本統治時代の建物。

奥のショップではハヤシグッズや台湾土産が販売されています。林百貨は店員さんの制服もレトロで可愛いです。

林百貨の鳥居

ショップを通り抜けると神社が現れます。

林百貨の歴史

林百貨の末広神社(※クリックで拡大します)

1932年の開業から半年後に作られた日本式の神社「末広社」。神社本堂は改修された姿ですが、周りに置いてある石は当時のままだそう。

林百貨の屋上

林百貨の外壁

建物の外壁には空爆の跡も生々しく残っており、林百貨の歴史を垣間見ることができます。

林百貨の歴史

林百貨の空襲の爆撃跡(※クリックで拡大します)

1945年3月1日、米軍により本町(現:民権路)と末広町(現:中正路)が爆撃されたと記載されています。

林百貨からの眺望

6階は林百貨の歴史が一番詰まったフロア。
ぜひ見学してみましょう。

まとめ

林百貨の外観

当時の面影が残る建物と台湾台南文化を発信する商品、林百貨はレトロと最新が融合した新しいスタイルの百貨店とも言えます。
時間がある方はショッピングと合わせてじっくりと館内を見学してみてはいかがでしょうか。
夜は22時まで営業しているのもありがたいですね。

台南にお越しの際はぜひぜひ足を運んでいただきたい欠かせないスポットです。

林百貨店の行き方・アクセス方法

林百貨店は中正路(北面)と忠義路二段(東面)に面する北東角地にあります。

林百貨の最寄りのバス停は「林百貨(中正路)」と「林百貨(忠義路)」です。

台南駅から林百貨へ

林百貨のバス停

台湾鉄道台南駅から林百貨まで歩いて行くと約17分かかります。

バスで行く場合、「1」「Blue Main Line」「Red Main Line」に乗り、「林百貨(中正路)」「林百貨(忠義路)」のバス停で下車。

また、徒歩5分程度歩くことにはなりますが、「2」「7」のバスに乗車しても林百貨店の近くまで行くことができます。

林百貨店の営業時間

林百貨店
住所:No. 63號, Section 2, Zhongyi Road, West Central District, Tainan City, 台湾 700
電話番号:+886 6 221 3000
営業時間:11時00分~22時00分