旧台南知事官邸 日本の皇族も宿泊 コロニアル様式の洋館(台南)

台南知事官邸の外観

日本統治時代のコロニアル建築物、台南知事官邸(タイナンチーシーグアンディー、Former Tainan Magistrate Residence)を訪れました。

皇太子時代の昭和天皇や、皇族方が宿泊する際に利用された施設でもあり、当時の展示を見ることができます。

台南知事官邸 Former Tainan Magistrate Residence

台南知事官邸の外観

台南知事官邸の歴史概要

台南知事官邸の歴史概要(※クリックで拡大します)

台南知事官邸(タイナンチーシーグアンディー、Former Tainan Magistrate Residence)は、日本統治時代の1900年(明治33年)に知事官邸として建てられたコロニアル様式の洋館。

台南の市定古跡に指定されています。

当時は時計台に似たファサードにより、台南の人々から「時鐘樓」の愛称で呼ばれていました。

台南知事官邸の外観

現在、館内はリノベーションされ、雑貨店とカフェが入居。
綺麗なガーデンを含めて、お洒落な写真スポットにもなっています。

台南知事官邸の苦楝樹、センダン

1941年までに、20名近い日本の皇族が宿泊施設として利用。
とりわけ1923年に、裕仁皇太子(昭和天皇)が台南を訪れた様子の展示スペースが2階に設けられています。
なお、展示物は全て日本語表記あり。

台南知事官邸の館内の階段

趣ある木製の階段を上がりましょう。

台南知事官邸の展示

台南知事官邸 外観の変遷(※クリックで拡大します)

外観ファサードの変遷。確かに1900年の落成時は時計台のように見えますね。

台南知事官邸の昭和天皇のパネル

展示スペースには、裕仁皇太子(昭和天皇)のパネルも。

台南知事官邸の展示

こちらの部屋が裕仁皇太子の休憩場所で、籐座椅子が置かれていたのだそう。
お写真も飾られていました。

台南知事官邸の昭和天皇の展示品

台南知事官邸の昭和天皇の展示

台南知事官邸の展示

台湾訪問の様子と行程(※クリックで拡大します)

台湾訪問の様子と行程。

1923年(大正12年)4月16日、裕仁皇太子(昭和天皇)は基隆港に到着し、12日間の台湾訪問の旅を開始。
旅行は基隆から始まり、台北から屏東までと続いた。そして海も跨り、澎湖にも見学へ。

台南知事官邸の展示、昭和天皇のお召し列車内部の装飾

移動する際に利用された、皇族専用特別車の内装。

台南知事官邸の展示、昭和天皇の台南視察の地図

台南の訪問先(※クリックで拡大します)

台南で訪れた場所を示す地図。
台南でのスケジュールを見ても、非常にタイトであることが分かります。

台南知事官邸の展示、台南新聞の記事

新聞社・台南新報の記事(※クリックで拡大します)

当時の新聞社、台南新報の記事。
裕仁皇太子が屏東のパパイヤを召し上がったと書かれています。

台南知事官邸の展示

年代別 台南知事官邸の地図と役割(※クリックで拡大します)

台南知事官邸の展示

年代別 台南行政の変遷(※クリックで拡大します)

その他には、年代別の知事官邸の地図や役割、台南の行政区割などの展示がありました。

台南知事官邸の外観、廊下

展示スペースはそれほど広くないため、30分もあれば十分に見学可能でしょう。

台南知事官邸の苦楝樹、センダン

訪れた時期は、ちょうど苦楝樹(センダン)の花が美しく色づいていました。

台南知事官邸の苦楝樹、センダン

日本とも関わりの深い、旧台南知事官邸。
ガーデンも美しく落ち着いた雰囲気の中、バルコニーでひと休みするのも良さそうです。

台南知事官邸の行き方・アクセス方法

台鉄「台南」駅より徒歩約8分。

台南知事官邸の営業時間

台南知事官邸
住所:No. 1號, Weimin Street, East District, Tainan City, 台湾 701
電話番号:+886 6 236 7000
営業時間:10時00分~18時00分
定休日:月曜日

shares