台湾のカラフル客家花布が揃う!永楽市場の布市場「永樂布業商場」(台北)

台北の永楽市場の布市場の問屋、聖欣布行の客家花布

レトロでカラフルな色合いが可愛い、台湾の客家花布(ハッカ花布、Hakka Flower Cloth)
バッグやポーチなど、お土産にもぴったりなグッズが多く展開しています。

今回はそんな花布をゲットすべく、台北迪化街の永楽市場にある布市場「永樂布業商場」を訪れました。

客家花布 永楽市場(布市場・永樂布業商場)

台北永楽市場の布市場の外観

台北の問屋街 迪化街(ディーホアジェ)。その中心地にある永樂市場は1階が食品市場、2階と3階が布市場(永楽布業商場)となっています。
布市場へと続くエスカレーターの正面入口は少々薄暗くて通り過ぎてしまいそうな雰囲気ですが、臆せず進みましょう!
2階が布問屋フロア、3階が仕立て屋フロアです。

台北永楽市場の布市場の入り口

布市場の様子

台北の永楽市場の布市場の花布

台北の永楽市場の布市場の問屋、聖欣布行の客家花布の巾着袋

台北の永楽市場の布市場の問屋の外観

台北の永楽市場の布市場の問屋の客家花布

台北の永楽市場の布市場の花布

布市場内は圧倒されるほどひしめき合う、布・布・布!ゆうに100店舗はありそうです。
全ての店舗で客家花布を扱っているわけではありませんが、客家花布とグッズをメインに扱っている店舗もいくつかあります。

布市場 2階の案内図(フロアマップ)

永楽市場2階 布市場の案内図

布市場 2階の案内図(※クリックで拡大します)

入り組んで迷路のような布市場。各店舗に番号が振られています。
案内図(フロアマップ)の左下、八角系の部分が迪化街からの正面入口。

聖欣布行

台北の永楽市場の布市場の問屋、聖欣布行の外観

正面入口のエスカレーターを上がってすぐの布問屋、聖欣布行(2054番)
客家花布とグッズをメインに扱っています。

種類豊富な客家花布。オーダーでカットしてもらうことも可能。

巾着袋。

ビニールトートバック、200NT$(約725円)。

台北の永楽市場の布市場の問屋、聖欣布行の客家花布

90cm×90cmの客家花布、75NT$(約270円)。

台北の永楽市場の布市場の問屋、聖欣布行の客家花布

台北の永楽市場の布市場の問屋、聖欣布行の客家花布

こちらは復古台湾花布と題された、シックな色合いの客家花布。同じ青や緑、紫でも微妙に色の出方が異なって素敵。
90cm×90cm 120NT$(約435円)。

購入した客家花布

台北の永楽市場の布市場の問屋、聖欣布行の客家花布

台北の永楽市場の布市場の問屋、聖欣布行の客家花布

今回、聖欣布行で購入した客家花布。
赤紫と深緑、派手すぎない落ち着いた色合いがお気に入りです。

台北の永楽市場の布市場の問屋、聖欣布行の客家花布

こちらは明るくポップな色合いの客家花布。
布市場をウロウロしていたところ、ちょうど欲しかった長めのサイズを発見して購入しました。

台北の永楽市場の布市場の問屋の客家花布

約90cm×200cm、150NT$(約545円)。
約90cm×300cm、200NT$(約725円)とのことで参考まで。
このような形で販売しているお店を多数見かけました。大体の相場はどのお店もさほど変わらなそうな印象です。

まとめ

台北の永楽市場の布市場の問屋、聖欣布行の客家花布

客家花布とグッズをお求めならば、場所も分かりやすく品揃えも充実している聖欣布行がオススメ。日本人のお客さんも多かったです。

雑貨店などよりもリーズナブルに花布グッズを購入できるのが、布問屋の魅力。手芸をされる方にも非常に楽しめる場所ではないでしょうか。

台北の永楽市場の布市場の問屋、聖欣布行の客家花布

布市場はお店が多過ぎて、全て見て回るには時間が足りませんでした。次回は是非ゆっくりと掘り出し物を探してみたいですね。
日曜日は永楽市場自体が定休日のため、お越しの際はご注意ください。

永楽市場(布市場・永樂布業商場)の行き方・アクセス方法

MRT「北門」駅3番出口より徒歩約7分。
MRT「中山」駅5番、6番出口より徒歩15分。

永楽市場(布市場・永樂布業商場)の営業時間

永楽市場(布市場・永樂布業商場)
住所:103 台湾 Taipei City, Datong District, Section 1, Dihua St, 21號三樓
営業時間:9時00分~19時00分
定休日:日曜日
台北 迪化街(ディーホアジェ)を散策!おすすめスポット・見どころまとめ 台北 迪化街(ディーホアジェ)を散策!おすすめスポット・見どころまとめ

<< 台北 迪化街(ディーホアジェ)を散策

台北のお土産 貰って嬉しいおすすめ商品をご紹介! 台湾 台北のお土産 貰って嬉しいおすすめ商品をご紹介!

<< 台北のお土産 貰って嬉しいおすすめ商品をご紹介!

shares