» ぷちち台湾のピンタレストを使って旅行計画を立てる

古早味豆花 ふわふわ美味しい豆花の人気店(台北)

古早味豆花の豆花

豆花(トウファ)は絹ごし豆腐と豆乳プリンの中間のような台湾スイーツ。ふわふわした食感と、豆本来の甘みが感じられる素朴な味で親しまれています。その中でも台北の有名店、古早味豆花(グゥーヅァオウェイトウファ、Guzaowei Douhua)を訪れました。

古早味豆花 Guzaowei Douhua

古早味豆花の外観

孤独のグルメで五郎さんも食べたという豆花の人気店、古早味豆花(グゥーヅァオウェイトウファ、Guzaowei Douhua)を訪問。昔ながらの製法にこだわった豆花店です。

古早味豆花のトッピング

古早味豆花のトッピング

トッピングがたくさんあって悩みます。タピオカ、芋圓(芋もち)、ピーナッツ、あずき、タロイモなどなど。日本語メニューもありました。

古早味豆花のメニュー

古早味豆花のメニュー(※クリックで拡大します)

豆花はアイスかホットを選べます。寒い時期は暖かい豆花が体に染みますね。

古早味豆花のメニュー

古早味豆花のメニュー(※クリックで拡大します)

暑い時期は、かき氷や仙草ゼリーも涼やかで良さげ。

古早味豆花の店内の孤独のグルメ

ちなみに孤独のグルメで食べていたのは、タピオカとあずきの豆花です。

古早味豆花のメニュー

古早味豆花のメニュー(※クリックで拡大します)

古早味豆花のメニュー

古早味豆花のメニュー(※クリックで拡大します)

トッピングが固定されているメニューもありますが、店員さんは日本語OKなので、食べたいトッピングを指差注文でも大丈夫でした。

古早味豆花のトッピング

台湾の芋圓(芋もち)が大好きな筆者はサツマイモの芋圓をチョイス。タロイモの芋圓も魅力的です。

古早味豆花のトッピング

さらに豆花の素朴な味を邪魔をしない、ピーナッツを注文しました。

古早味豆花の豆花

シロップから甘い香りがして美味しそう。

古早味豆花の豆花

フルフルふわふわ。一口食べた瞬間に、ここの豆花は美味しい!と思いました。

昔食べたことのある豆花は、ただの絹豆腐に甘いシロップをかけて食べているような違和感があったのですが、そんなことは一切なし!

古早味豆花の豆花

豆花はちょっと豆腐感が苦手で…という方でも美味しいと思えるのではないかと思います。

古早味豆花のトッピングの芋もち

手作り芋もち。やや大きめサイズが嬉しいです。もちもち食感が最高!

古早味豆花のトッピングのピーナッツ

そして茹でピーナッツの美味しいこと!ホクホクしてほんのりした甘さが豆花とよく合います。個人的にはあずきよりもオススメです。

古早味豆花の豆花

今回は2人でシェアしたのですが、正直全部独り占めしたいぐらい美味しくて、リピート確実の豆花店となりました。

古早味豆花の店内

店内に飾られていた絵。昔はこのように売り歩いていたのですね。伝統的なスイーツです。

夏季限定メニュー

古早味豆花のマンゴーかき氷とマンゴー豆花

古早味豆花では、魅力的な夏季限定メニューもあるのでご紹介します。

芒果豆花

古早味豆花のマンゴー豆花

旬の愛文マンゴーがゴロゴロ入った、芒果豆花 90元(約313円)。

古早味豆花のマンゴーかき氷

つるんと涼やかな豆花と、芳醇なフレッシュマンゴーのコラボレーションが楽しめます。

芒果雪花冰

古早味豆花のマンゴーかき氷

こちらはフワフワのマンゴーかき氷、芒果雪花冰 180元(約627円)。

古早味豆花のマンゴーかき氷

ボリュームたっぷり。甘くてジューシーな旬のマンゴーを心ゆくまで楽しめます。

夏季限定メニューもお見逃しなく!

古早味豆花の外観

お店は朝9時半から深夜1時まで営業しています。寧夏夜市に近いこともあり、平日の夜は混んでいることが多く、土日は日中が混雑していることが多いようです。

旅行の予定にうまく組み込んで、ぜひ美味しい豆花を食べてみてくださいね。

古早味豆花の行き方・アクセス方法

MRT捷運「雙連」駅1番出口より徒歩約7分

古早味豆花の営業時間

古早味豆花
住所:No. 210, Minsheng West Road, Datong District, Taipei City, 103
電話番号:+886 2 2558 1800
営業時間:9時30分~1時00分
定休日:なし
台北で食べる!美味しいグルメ 案内マップ付き(台北美食) 台北で食べる!美味しいグルメ 案内マップ付き

<< 台北で食べる!美味しいグルメ 案内マップ付き