阿宗麺線 西門町の大人気店!優しいカツオ出汁とモツが美味(台北)

阿宗麺線の麺線

台北の西門町にある有名店、阿宗麺線(アゾンミェンシェン、Ezong Mianxian)を訪れました。モツが入ったカツオ出汁の麺線が大人気!
メニューや注文方法、お店の様子など詳しくご紹介します。

阿宗麺線 Ezong Mianxian

阿宗麺線の外観

台北の西門町は台湾の渋谷とも言われる若者が集まるエリア。その中でも一際賑わっているのが 阿宗麺線(アゾンミェンシェン、Ezong Mianxian)です。創業は1975年の老舗。

台湾の定番グルメ 麺線(ミェンシェン)は、そうめんのような極細麺。とろりと煮込まれたスープと麺線に、パクチーをトッピングするのが基本スタイルです。

お店の様子

阿宗麺線の外観

店内に席はなく、立ち食いスタイル。お店の前は麺線を食べる人たちで溢れ、買い求める行列もできていました。かなりの待ち時間を覚悟しましたが、意外にも列の進みは早く約10分ほどで購入。

メニュー・注文方法

阿宗麺線の麺線の値段

メニューは麺線のみ。大70TWD(約255円)、小55TWD(約200円)。小(シャオ、Small)を1つ注文しました。

麺線を受け取る際に「パクチー?」と聞かれるので、苦手な方はNOと断りましょう。
中国語では「不用 香菜(ブーヨウ シャンツァイ)」でパクチーを入れないで下さいという意味になります。

実食!

阿宗麺線の麺線

小サイズは食べ歩きにぴったり。おやつ感覚でいただけます。

阿宗麺線の麺線

カツオ出汁がしっかり効いており、日本人の口にも合う味付け。なかなか美味しいです。

阿宗麺線の麺線

トロッと麺が滑るので、レンゲで食べるのに少し苦戦…。

阿宗麺線の麺線

こちらがモツ。臭みもなく、噛めば噛むほど旨味が出てきます。

阿宗麺線の麺線

モツはせいぜい2切れくらいかと思っていましたが、底の方に結構な量が入っていてビックリ。モツ入りというクオリティーを考えれば、かなりコスパが良いですね。大人気なことも頷けます。

調味料ダレ

阿宗麺線の調味料

お店の横には調味料のタレも置いてあり、チリ・ニンニク・酢の3種類を好きなだけかけることができます。

阿宗麺線の麺線

試しにチリとニンニクを少しだけ入れてみました。しっかり辛いチリソースなので少量で正解。パンチが出て、これまた美味しかったです。

まとめ

阿宗麺線の麺線

食べ歩きにぴったりな台湾の定番グルメ、麺線。カツオ出汁が優しく、日本人でも食べやすい味わいでした。

お店は朝9時から夜23時頃まで営業しているので、時間を気にせず訪れることができます。西門町の観光に合わせて、気軽に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

阿宗麺線の行き方・アクセス方法

MRT捷運「西門」駅6番出口より徒歩約3分。

阿宗麺線の営業時間

阿宗麺線の営業時間

阿宗麺線
住所:No. 8-1號, Emei Street, Wanhua District, Taipei City, 108
電話番号:+886 2 2388 8808
営業時間:9時00分~23時00分頃
定休日:なし
台北で食べる!美味しいグルメ 案内マップ付き(台北美食) 台北で食べる!美味しいグルメ 案内マップ付き

<< 台北で食べる!美味しいグルメ 案内マップ付き

shares