阿城鵝肉 ミシュランビブグルマン獲得!ジューシーな燻製ガチョウ肉が美味(台北)

阿城鵝肉の燻製ガチョウ肉

ミシュランビブグルマン獲得!ジューシーなガチョウ肉が大人気のお店、阿城鵝肉(アーチェンアーロウ、A Cheng Goose)を訪れました。メニューや注文方法、お店の様子など詳しくご紹介します。

阿城鵝肉 A Cheng Goose

阿城鵝肉の本店の外観

阿城鵝肉・本店

観光客のみならず、地元客にも大人気のガチョウ肉のお店、阿城鵝肉(アーチェンウーロウ、A Cheng Erou)。ミシュランビブグルマンも獲得している実力店です。
今回は本店を訪問。道路斜め向かいには、新しく2号店もオープンしています。

阿城鵝肉の2号店の外観

阿城鵝肉・2号店

注意点として、2号店はアルコールを提供していません。お酒を飲みたい方は本店を訪れましょう。
平日18時過ぎの訪問で本店は満席。2号店はやや空きがあるようでした。

メニュー・注文方法

阿城鵝肉のメニュー

阿城鵝肉のメニュー(※クリックで拡大します)

注文は紙に記入するスタイル。写真付きメニューもあるので分かりやすいです。
看板メニューのガチョウ肉は「煙燻(燻製)」と「白切(塩茹)」の2種類。
さらに部位も「前半段(むね肉)」と「後半段(もも肉)」をそれぞれ選べます。

その他の部位もありますが頭部や脚などのため、日本人で頼む人は少なそうですね。

阿城鵝肉の店内

ビール

阿城鵝肉の台湾ビール

飲み物は店内奥にある棚からセルフで取ってきます。会計時に申告しましょう。台湾ビールは中瓶 85TWD(約310円)。
店内は皆ワイワイと盛り上がっており、ローカルレストランといった雰囲気です。

阿城鵝肉のタレ

レジ横にタレも数種類あるので、お好みで取ってきてスタンバイ完了。
今回は、1〜2人前のガチョウ肉(200TWD)を燻製と塩茹それぞれ注文しました。

燻製ガチョウ肉(むね肉)

阿城鵝肉のガチョウ肉

お待ちかねのガチョウ肉登場!1皿 1〜2人前 200TWD(約730円)。
部位は特段指定しなかったのですが、「燻製はムネ肉」、「塩茹はモモ肉」で持ってきてくれたようでした。食べ比べできるのでありがたいです。

阿城鵝肉の燻製ガチョウ肉

まずは燻製の胸肉から。

阿城鵝肉の燻製ガチョウ肉

引き締まったお肉はしっとりしなやかでジューシー!燻製の香りも上品でたまりません。味もぎゅぎゅっと濃ゆくて美味しいです。
ムネ肉は、脂身が薄くて気にならないのもポイント。

塩茹ガチョウ肉(もも肉)

阿城鵝肉の塩茹でガチョウ肉

お次は塩茹の腿肉

阿城鵝肉の塩茹でガチョウ肉

阿城鵝肉の塩茹でガチョウ肉

もも肉らしく、じゅわっとジューシー!こちらも旨味たっぷりで美味しいです。しょっぱいのでビールが進む進む。
ムネ肉と比べると、モモ肉は脂身多め。少し骨もあり、お肉の歯ごたえもムギュっと強めな印象です。
弾力があるので、年配の方だと噛むのが少々大変かも?しれません。

ガチョウ油ご飯(鵝油拌飯)

阿城鵝肉のガチョウ油ご飯

こちらはガチョウ肉の油をかけた、鵝油拌飯 25TWD(約90円)。
旨味がガツンと来ると思いきや、割りかし味が薄め。人気はあるようですが、オイリーなので個人的にはちょっと苦手でした…。

ハマグリスープ(蛤蜊湯)

阿城鵝肉のあさりスープ

こちらはハマグリのスープ(蛤蜊湯)、小サイズ 70TWD(約256円)。
ぷっくりとしたミニハマグリと、生姜が効いたスープで美味しいです。ただし、丼サイズで量が多いのでご注意を!お腹と相談しましょう。

まとめ

阿城鵝肉のガチョウ肉

ガチョウ肉は燻製と塩茹のいずれも美味しかったですが、食べやすさと珍しさを考えると、やはりオススメは「燻製のむね肉」でしょう。
ガチョウ肉は普通の鶏肉と比べると、そもそも脂が多め。今回は2人で訪れましたが、食べている途中でかなり満腹になりました。
ぜひお腹をペコペコに空かせて向かうことを推奨致します。

阿城鵝肉(本店)の行き方・アクセス方法

MRT「行天宮」駅1番出口より徒歩7分。
MRT「松江南京」駅8番出口より徒歩9分。

阿城鵝肉(本店)の営業時間

阿城鵝肉(本店)
住所:No. 105號, Jilin Road, Zhongshan District, Taipei City, 台湾 104
電話番号:+886 2 2541 5238
営業時間:11時30分~21時00分
定休日:なし
クレジットカード:不可
台北で食べる!美味しいグルメ 案内マップ付き(台北美食) 台北で食べる!美味しいグルメ 案内マップ付き

<< 台北で食べる!美味しいグルメ 案内マップ付き

shares