» 台湾ツアーの5%割引クーポン

四草緑色隧道 マングローブが織りなす緑色のトンネルでミニクルーズ(台南)

四草緑色隧道マングローブのトンネル

マングローブが織りなす緑のトンネル、四草緑色隧道(スーツァオリュースースイダオ、Sicao Green Tunnel)のミニクルーズに参加してきました。

現地の様子を詳しくご紹介します。

四草緑色隧道 Sicao Green Tunnel

四草緑色隧道の緑のトンネル

四草綠色隧道(スーツァオリュースースイダオ、Sicao Green Tunnel)は、マングローブで囲まれた緑色のトンネル。

自然を身近に体験できるアクティビティとして、ミニクルーズの人気コースとなっています。

台南の台江国家公園

場所は安平エリアの更に奥、景観豊かな湿地帯が一面に広がる「台江国家公園」の中にあります。

台南の四草地区のエリアマップ

四草地区のエリアマップ(※クリックで拡大します)

マングローブには絶滅危惧種のクロツラヘラサギや、シオマネキ、ムツゴロウなどの生き物も生息しているのだそう。

チケット料金・ルート

四草緑色隧道のチケット売り場

窓口でチケットを購入します。

ツアーは2種類。

  • 緑のトンネル「綠色隧道」
  • 「台江觀光船」

緑のトンネル「綠色隧道」は、約30分のミニクルーズ。

「台江觀光船」は、約70分のクルーズ。
※台江観光船コースは、綠色隧道には立ち寄らないのでご注意を。

料金はどちらも同じです。

大人 200元
子供(7-12歳) 100元
子供(6歳以下) 30元

台南の台江觀光船ルート

やはり皆、緑のトンネルを見たいのか、台江觀光船ルートは空いていました。

四草緑色隧道のクルーズのルートマップ

四草緑色隧道クルーズのルートマップ(※クリックで拡大します)

ルートマップはこちら。黄緑色の線が「緑色隧道」のルート。

黄色い線が「台江觀光船」のルート。
生き物の観察であれば、台江觀光船の方がチャンスが多そうです。

四草緑色隧道のチケット

チケットを購入してから列に並びます。

今回訪れたのは連休中の午後ということもあり、長蛇の列。
お客さんのほとんどは台湾の方でした。

緑のトンネル「綠色隧道」

四草緑色隧道のミニクルーズの乗り場

順番が来て、ようやく乗船です。

大きめのボートで、1度に約40人ぐらい乗船できます。
結局、約1時間半並びました。

四草緑色隧道のミニクルーズ

ライフジャケットをつけてレッツゴー。

四草緑色隧道のクルーズツアー

ちなみに、日よけに笠を借りることもできます。風情が出ますね。

四草緑色隧道のマングローブ

両脇にマングローブが茂み、まさにジャングルクルーズのよう。

四草緑色隧道のマングローブ

そもそもマングローブとは、海水と淡水が交わる「汽水域」に自生している植物の総称。

四草緑色隧道のマングローブ

マングローブという名前の木ではありません。

四草緑色隧道のミニクルーズ

土盛りなど、途中はやや人工的な部分もありましたが、どんどんマングローブがせり出し鬱蒼としてきました。

四草緑色隧道

出発して約10分後、ついに緑色のトンネルが現れました!

四草緑色隧道マングローブのトンネル

神秘的で美しい。水面も緑色に反射し、一帯が緑に包まれています。
まさに緑色のトンネル。

 

View this post on Instagram

 

ぷちち台湾さん(@petit.tw.jp)がシェアした投稿

四草緑色隧道の緑のトンネル

ボートもゆっくり進み、穏やかな時間が流れます。

静寂に包まれ、幻想的です。

四草緑色隧道のミニクルーズ

ミニクルーズは一方通行のため、ここで折り返し。

再び緑のトンネルを通って戻ります。

四草緑色隧道のマングローブのミニクルーズ

すれ違うボートに手を振りましょう。

四草緑色隧道のマングローブ

戻る途中、マングローブに住む生き物を見ることができました。

カニがたくさんいるようです。

四草緑色隧道のマングローブのシオマネキ

やや見づらいですが、片側のハサミだけ大きい「シオマネキ」も出没。
手招きするような動きで、メスにアピールするのだそう。

四草緑色隧道のマングローブ

ムツゴロウの姿も捉えることができました。ミニサイズで子供かな?

一緒に乗船しているガイドさんは中国語ですが、生き物を発見するとボートの速度を落とし、場所を教えてくれます。

四草緑色隧道

あっという間の30分で、ミニクルーズ終了です。

感想

コースとしては一本道の往復で、大自然を感じるほどの壮大さはないものの、緑のトンネルは神秘的で本当に綺麗でした。

以前、奄美大島のマングローブ原生林カヌーにも参加したことがあるのですが、規模感や迫力は奄美大島の方かなと思います。

しかし、奄美大島のマングローブは小さなカヌーで漕ぎ進むため、最悪の場合ひっくり返ってしまうリスクも。

台南の四草緑色隧道は大きなボートで進むため安定しており、カメラで写真を撮りたい方や、小さなお子さん連れの方が参加しやすいと思います。

緑色のトンネルと、マングローブの生き物を見ながら、あっという間の30分でした。
休日は混雑しているので、朝早い時間か、可能であれば平日がおすすめです。

熱帯地域ならではのアクティビティーを体験できるのも台南の魅力。
安平エリアの観光と併せて、巡ってみてはいかがでしょうか。

四草緑色隧道の行き方・アクセス

台南の中心部から四草緑色隧道へは、路線バスでアクセスできます。

99番バス・10番バス

四草緑色隧道までは「99番」か「10番」にバス乗車し「四草生態文化園區(大眾廟)」停留所で下車します。

台南のバス路線マップ

99番バス路線図(※クリックで拡大します)

「99番」バスは、台南の観光スポットに停車するシャトルバス。

台南の路線バス99番の停留所一覧

99番バス停留所一覧(※クリックで拡大します)

定番観光スポットの「赤崁楼」や「安平古堡」からも乗降車可能。本数は少ないですが便利です。
安平エリアからは乗車10分程度で到着します。

台南の路線バス停留所一覧

10番バス停留所一覧(※クリックして拡大します)

台南の路線バスの停留所一覧

10番バス停留所一覧(※クリックして拡大します)

「10番」バスは普通の路線バス。同じく「四草生態文化園區(大眾廟)」停留所で乗降車します。
市街地からは、かなりの遠回りになってしまうのがデメリット。

四草緑色隧道のチケット売り場

いずれもバスは本数が少なく、時間通り来ないことも少なくありません。

スケジュールに余裕がない場合は、タクシーも上手く使いましょう。
タクシーはチケット売り場の前に数台待機しています。

四草緑色隧道の周辺マップ

四草緑色隧道の周辺マップ(※クリックして拡大します)

ちなみに今回は安平で自転車で向かい、「片道20分程」で到着できました。

正直、道中は日陰がなく、サイクリンロードとして整備されているとは言い難い。
見どころも四草大橋とサバヒーの養殖場以外は特段ありません。

時間に余裕がない場合は、バスかタクシー利用の方がおすすめです。

鄭成功が台湾に上陸し、オランダ人を追放した路線図

鄭成功が台湾に上陸し、オランダ人を追放した路線図(※クリックで拡大します)

また、約350年前、鄭成功がこの付近を通ってゼーランディア城包囲網戦を戦ったかと思うと、なんだか感慨深いものがあります(ただし、当時はこのあたり一帯からプロヴィンティア城まで海でだったため、緑のトンネルはなかったはずです。