龍袍湯包 ロンパオタンパオ(高雄)

龍袍湯包のからすみ小籠包

変わり種のカラスミ小籠包が食べられる高雄のレストラン、龍袍湯包(ロンパオタンパオ、Longpao Tangbao)を訪問しました。

龍袍湯包 Longpao Tangbao

高雄の龍袍湯包の外観

海に近い高雄は海産物が豊富。その中でも良質なカラスミはお土産としても人気の高級珍味です。
龍袍湯包(ロンパオタンパオ、Longpao Tangbao)ではそんなカラスミを贅沢にも小籠包にゴロっと乗せたカラスミ小籠包を食べることができます。

そもそもカラスミとはボラの卵巣を塩で浸け、塩抜き後に天日干ししたものです。
同じ魚卵であるタラコと比べると、かなりねっとり濃厚でチーズのように感じることもあるくらいの風味が特徴です。

龍袍湯包の店内

龍袍湯包の店内

清潔感のある店内は1階と2階に席があり広々しています。

2階の奥は団体用の席になっていました。日本のツアー会社でもよく利用するレストランのようです。

龍袍湯包のドリンク

ドリンクは注文しなくても席にホットの麦茶がありました。お冷も頂けます。

龍袍湯包の店内の調味料

龍袍湯包の店内の調味料

調味料は自分で取ってくるスタイル。

龍袍湯包の店内の調味料

注文表を渡し、生姜と醤油をスタンバイしておきます。

龍袍湯包のからすみ小籠包

まずはカラスミ小籠包とカラスミ焼売。初めてのカラスミにやや戸惑いましたが、濃ゆくてなかなかイケます。

龍袍湯包のからすみ小籠包

焼売より小籠包の方がカラスミの風味をより感じられる気がしました。

龍袍湯包の蟹みそ小籠包

お次に気になった蟹みそ小籠包と、ノーマルの小籠包。

龍袍湯包の蟹味噌小籠包

ノーマル小籠包は肉汁がたっぷりな点は良かったですが、正直もう少しお肉の旨みが欲しいなぁという印象。
蟹みそ小籠包の方が良かったかな。

龍袍湯包の黒胡麻団子

デザートも食べたかったので黒胡麻蒸し団子を。黒胡麻がギッシリ詰まって美味しいです。

龍袍湯包の黒胡麻だんご

黒胡麻は美味しいのですが、皮はどう見ても小籠包の皮で普通のもちもち団子の方が個人的には好みでした。

高雄の龍袍湯包の料金

以上でお会計は790元(約2,877円)。高級珍味なだけあり、なかなかのお値段。

普通の小籠包にちょっと飽きてしまった方やカラスミ初体験の方にオススメできる、変わり種小籠包のお店ですね。
メニューも日本語対応しているので、ローカルなお店での食事が不安な方にも良さそうです。

龍袍湯包の定休日

毎週月曜日は定休日です。

龍袍湯包の行き方・アクセス方法

MRT「三多商圏」駅より100番バス乗車約7分「Hanshen Department Store」停留所より徒歩約1分

龍袍湯包の営業時間

龍袍湯包
住所:No. 375, Xintian Road, Qianjin District, Kaohsiung City, 801
電話番号:+886 7 251 0562
営業時間:12時00分~21時00分
定休日:月曜日
高雄で食べる!美味しいグルメ 案内マップ付き 高雄で食べる!美味しいグルメ 案内マップ付き

<< 高雄で食べる!美味しいグルメ 案内マップ付き