半九十茶屋 茶藝館のような趣ある空間が素敵!台湾茶カフェ(高雄)

半九十茶屋の台湾茶

高雄の「美麗島」駅からほど近い、しっとり落ち着いた雰囲気のティーサロン、半九十茶室(パンジョウシィーチャーウー、Banjiushi Chawu)を訪れました。

台湾茶のほか、プーアル茶など中国茶も多く取り揃え、茶菓子や食事も提供しています。

メニューやお店の様子など、詳しくご紹介します。

半九十茶屋 Tea for the last ten miles of long journey

半九十茶屋の外観

半九十茶屋の台湾茶と茶菓子の黒糖もち

茶藝館とレトロな喫茶店の雰囲気を併せ持つ、高雄の台湾茶カフェ、半九十茶室(パンジョウシィーチャーウー、Banjiushi Chawu)

観光途中のお茶休憩に立ち寄りました。

半九十茶屋の外観

店内

半九十茶屋の店内

お店の入口はこじんまりしていますが、中に入ると奥に広い造り。

オレンジ色の優しい灯りのせいか、店内は時間がゆったり流れているように感じられます。

半九十茶屋の店内

半九十茶屋の店内の茶缶

店頭に並ぶ、味わいのある茶器や茶缶。

茶葉やティーバッグも販売しています。

メニュー

半九十茶屋のメニュー

半九十茶屋のメニュー

半九十茶屋のメニュー(※クリックで拡大します)

注文は「一人150TWD」のミニマムチャージがあります。

今回注文した台湾茶と茶菓子

半九十茶屋の台湾茶

今回注文したのは「金萱烏龍」と「台灣紅烏龍」。

台湾茶らしく、小さな茶器で頂きます。

別のポットにたっぷりお湯が入っており、いずれも大体5杯ほど楽しむことができました。
なお、お湯はおかわり自由です。

半九十茶屋の台湾茶の淹れ方

半九十茶屋の台湾茶

金萱烏龍、280TWD(約1,020円)。
ほんのりミルクが香るような、爽やかで円やかな味わい。

半九十茶屋の台湾茶

台灣紅烏龍、270TWD(約985円)。
こちらは紅茶のような香り高さと、烏龍茶のスッキリした味わいを楽しめます。

半九十茶屋の黒糖もち

お茶菓子に選んだのは、黒糖麻糬(もち)
50TWD。

ほっこりした美味しさです。

食事の提供時間

半九十茶屋の営業時間

半九十茶屋の営業時間(※クリックで拡大します)

食事メニューは、昼(11時〜14時)と、夜(17時30分〜20時30分)の時間帯での提供。

お茶とスイーツは終日提供しています。

まとめ

半九十茶屋の店内のお土産コーナーの茶葉

半九十茶屋は、店内の雰囲気がとても良く、じっくりと台湾茶を楽しむことができました。
食事メニューも気になるので、次回是非再訪したいと思います。

場所は、高雄の「美麗島」駅から徒歩3分のアクセスで、立ち寄りやすいのもポイントです。

半九十茶屋の行き方・アクセス方法

高雄MRT「美麗島」駅2番出口より徒歩約3分。

半九十茶屋の営業時間

半九十茶屋
住所:No. 71號, Zhongzheng 4th Rd, Xinxing District, Kaohsiung City, 台湾 800
電話番号:+886 7 281 5195
営業時間:11時00分~22時30分
定休日:なし
高雄で食べる!美味しいグルメ 案内マップ付き(高雄美食) 高雄で食べる!美味しいグルメ 案内マップ付き

<< 高雄で食べる!美味しいグルメ 案内マップ付き

shares