» 台湾ツアーの5%割引クーポン

陳三鼎 日本未上陸!もちもち過ぎる 黒糖タピオカミルク人気店(台北)

陳三鼎の黒糖タピオカミルクと、仙草ゼリー入り黒糖タピオカミルク

日本でも大人気のタピオカドリンク。有名店が相次いで日本に上陸し、話題を集めています。

せっかく台湾に来たのなら、日本未上陸のタピオカドリンクが飲みたいところ。

台湾でしか飲めないタピオカドリンクを求めて、黒糖タピオカミルクが大人気のお店、陳三鼎 黒糖青蛙鮮奶創始店(チェンサンディン、Chen San Ding)を訪れました。

メニューや注文方法など、詳しくご紹介します。

陳三鼎 Chen San Ding

陳三鼎の外観

陳三鼎 黒糖青蛙鮮奶創始店(チェンサンディン、Chen San Ding)は、黒糖タピオカミルクが人気のドリンクスタンド。

お店は学生街と呼ばれる公館エリア、MRT「公館」から徒歩3分の場所にあります。

目印はメガネのおじさんマーク!一回見たら忘れません。

驚くべきは、これほど人気店にも関わらず支店はなく、この1店のみ

さらに、ドリンクは全て40元(約138円)。台湾の相場と比べてもかなり安いです。

粉ミルク等を使用しているドリンク店が少なくない中、フレッシュミルク(牛乳)を使っている点も高ポイントです。

メニュー

陳三鼎のメニュー

陳三鼎のメニュー(※クリックで拡大します)

メニューは店頭に掲げてありました。

看板メニューはもちろん黒糖タピオカミルク。
超人気No.1と書かれた、青蛙撞奶(チンワージュアンナイ)です。

メニュー名は、お店オリジナルの呼び名で付けられているようですね。

見たところ「タピオカミルク」のメニューは全体で3種類のようです。

メニュー名 読み 内容
青蛙撞奶 チンワージュアンナイ 黒糖タピオカミルク
緑蛙撞奶 ルゥーワージュアンナイ 緑豆入り黒糖タピオカミルク
仙蛙撞奶 シェンワージュアンナイ 仙草ゼリー入り黒糖タピオカミルク

注文方法

陳三鼎ではドリンクの甘さは「固定」。カスタマイズできるのは「氷の量」のみです。

注文は「ドリンク名」と「氷の量」、「個数」を伝えればOK。

氷の種類 読み 内容
冰(正常冰) ジェンチャンビン 普通
少冰 シャオビン やや少なめ
去冰 チュービン なし

陳三鼎の黒糖タピオカミルク

お目当ての黒糖タピオカミルク、青蛙撞奶 40元(約138円)。

大きめのタピオカは、熱が残った温かい状態。芯もなく、どこを噛んでもモッチモチ!
噛めば噛むほど、黒糖のコクがジュワジュワ出てくるのがすごい。

タピオカ自体が甘いので、ドリンク全体としてはかなり甘めな印象です。

今回は氷少なめの「少冰」にしましたが、すぐ氷が溶けてぬるいタピオカドリンクになってしまいました。
冷たいドリンクがよければ、氷の量は「正常冰」にした方がいいかもしれませんね。
去冰で注文すれば、ホットのタピオカドリンクになりそうな勢いです。

陳三鼎の黒糖タピオカミルクと、仙草ゼリー入り黒糖タピオカミルク

タピオカは好きだけど甘過ぎるのはちょっと…という方にオススメなのが、仙草ゼリー入りの黒糖タピオカミルク、仙蛙撞奶(シェンワージュアンナイ)

「仙草ゼリー」はほんのり苦味のある漢方ゼリーで、暑さを和らげてくれる台湾では定番のデザート。
見た目と食感はコーヒーゼリーに似ています。

陳三鼎の仙草ゼリー入り黒糖タピオカミルク

苦味はそれほど強くなく、黒糖タピオカミルクとの相性もバッチリ!
甘さも落ち着いて、個人的にはこちらの方が好みかな?

タピオカの量が少し減る分、氷の量は「少冰」でも冷たくてちょうど良かったです。

陳三鼎の黒糖タピオカミルクと、仙草ゼリー入り黒糖タピオカミルク

人気店なだけあり、タピオカは納得の美味しさでした。
「黒糖タピオカミルク」としてはかなりレベルが高いのではと思います。

せっかく台湾に来たのであれば、ここでしか飲めないタピオカドリンクをぜひ、お試しください。

毎週月曜日は定休日です。

陳三鼎黒糖青蛙鮮奶創始店の行き方・アクセス方法

MRT「公館」駅4番出口より徒歩3分。

陳三鼎黒糖青蛙鮮奶創始店の営業時間

陳三鼎黒糖青蛙鮮奶創始店
住所:No. 2號, Alley 8, Lane 316, Section 3, Luosifu Road, Zhongzheng District, Taipei City, 台湾 100
電話番号:+886 2 2367 7781
営業時間:11時00分~21時30分
定休日:月曜日
台北で食べる!美味しいグルメ 案内マップ付き(台北美食) 台北で食べる!美味しいグルメ 案内マップ付き

<< 台北で食べる!美味しいグルメ 案内マップ付き