神農街 ノスタルジックな人気ストリートを散策!見どころまとめ(台南)

台南 神農街の夜のライトアップ

古い町並みが残る台南の神農街(シェンノンジェ、Shennong Street)を街歩き。
雑貨店、カフェ、お参りスポットなどの見どころや、現地のアクセス方法など詳しくご紹介します。

神農街 Shennong Street

台南の神農街

神農街(シェンノンジェ、Shennong Jie)は、清代のノスタルジックな雰囲気が漂う人気のストリート。古民家をリノベーションしたクリエイティブな雑貨店やカフェが並び、観光客や若者を中心に賑わいます。

規模としては東西に300m程で比較的コンパクト。石畳と提灯が照らされる夜のライトアップは更に風情があり、のんびりそぞろ歩きが楽しめます。

台南の神農街

台南の神農街 自動販売機 鶴百貨

神農街の歴史

台南の神農街

神農街は、清代において五條港と呼ばれる5本の主要運河が流れる貿易で栄えた商業エリアでした。
一時は廃れていたものの、近年古民家をリノベーションしたオシャレスポットとして人気に。
築100年を超える町家造りの古い建物が並び、まさに台南らしいレトロな雰囲気を味わうことができます。

三協境全台開基薬王廟(お参りスポット)

台南の神農街

神農街の一番奥に鎮座する道教寺院、三協境全台開基薬王廟。神農街の由来にもなっている神農を主祭神に祀る薬王廟です。
高くそびえる廟からまっすぐ神農街が延びており、階上から通りを眺めることができます。

金華府(お参りスポット)

台南の神農街 金華府の外観

神農街の中程にある小さな廟、金華府(ジンファフー、Jinhua Temple)
五條港の五代氏族だった許一族により建てられたと言われており、主祭神は関聖帝君(関羽)、道教の厄除け神である王爺も祀られています。

台南の神農街 金華府の廟内の像

台南の神農街 金華府

鉄窓花(レトロな鉄格子の窓)

台南の神農街 鉄窓花

老房子(古民家)の特徴でもあるレトロな格子窓、鉄窓花(ティエチゥアンフゥア、鐡窗花)
神農街を歩いていると、花柄や富士山など、様々なアイアンアートを見かけます。

台南の神農街

太古101咖啡(カフェ)

台南の神農街

神農街のレトロなオシャレカフェ、太古101咖啡(カフェ)
店内は雰囲気が良く、町歩きの休憩スポットとしてぴったりです。

神農文創市集(雑貨店)

台南の神農街 雑貨店の外観

クリエイティブで個性的な雑貨店、神農文創市集。店内は奥に長い町家の造りを残しており、メイドイン台湾の商品が並びます。

五条港行号(雑貨店)

台南の神農街

鮮やかな提灯で飾られた外観が目を引くオシャレな雑貨店、五条港行号
レトロで可愛い台湾雑貨が充実していました。

台南の神農街

小日子商号(雑貨店)

台北にも店舗があるメイドイン台湾の雑貨店、小日子商号
店内ではドリンクも販売しており、ショッピングがてら休憩するのにも便利です。

神榕一四七(古民家ホステル)

台南の神農街 神榕一四七の外観

三協境全台開基薬王廟のすぐ目の前にある、古民家をリノベーションしたホステル 神榕一四七
丸い形の鉄窓花と、建物横の大きなガジュマルの木が目印。

台南の神農街 神榕一四七のガジュマルの木

台南の神農街 ガジュマルの木

樹齢300年以上のガジュマルの木は、榕松公として大切に祠に祀られています。

神農街ギャラリー

台南の神農街

昼と夜で別の表情を併せ持つ神農街。穏やかで懐かしい風景が流れます。

台南の神農街

台南の神農街

台南の神農街

台南の神農街

台南 神農街の夜のライトアップ

感想・まとめ

台南の神農街

ノスタルジックで古い町並みが魅力の神農街。提灯のライトアップが美しく、夜に訪れる方がより一層楽しめるのではないでしょうか。
雑貨店やカフェなどショップの開店時間も午後から。夕涼みに夕方からそぞろ歩くのがおすすめです。

神農街の行き方・アクセス方法

神農街の営業時間

神農街
住所:Shennong Street, West Central District, Tainan City, 台湾 700
営業時間:24時間(ショップは午後から営業)
台南の安平古堡 台南観光を楽しむための旅行ガイド|ぷちち台南

<< 台南観光を楽しむための旅行ガイド|ぷちち台南

shares