金瓜石 黄金博物館 九份の奥にある穴場の観光スポット

金瓜石 黄金博物館(新北市立黃金博物館)の金塊

ゴールドラッシュに湧いた「九份」の歴史を学べる屋外型博物館、金瓜石 黄金博物館(新北市立黃金博物館 New Taipei City Government Gold Museum)を訪れました。

時価数億円の巨大金塊に触れたり、砂金採りも体験。
見所やアクセス方法など詳しくご紹介します。

(※黄金館は2019年11月8日まで改修工事中のため、見学休止です。)

金瓜石 黄金博物館

金瓜石 黄金博物館(新北市立黃金博物館)の外観

金瓜石(きんかせき、ジングゥアシー)は、ゴールドラッシュに湧いた九份における、金鉱採掘の中心地。

金瓜石 黄金博物館(新北市立黃金博物館)の敷地内や周辺には、当時の採掘トンネルや日本統治時代の建物、神社跡が残っています。

金瓜石 黄金博物館の敷地内マップ

「九份老街」からはバスで約10分の場所にあり、九份観光と合わせて立ち寄ることも可能です。

施設・見どころ

金瓜石 黄金博物館の入り口

金瓜石 黄金博物館の案内マップ

金瓜石 黄金博物館の案内マップ(※クリックで拡大します)

敷地内には見学施設が多数あり、時間がない場合は絞って周るのがおすすめです。

一番の見どころは、黄金館。
金鉱採掘の作業風景や物品の展示見学、巨大金塊との記念撮影、砂金採り体験ができます。

  • 遊客服務中心(インフォメーション)
  • 四連棟(日本式木造宿舎)
  • 煉金樓(特別展示施設)
  • 礦工食堂(鉱工弁当)
  • 太子賓館(太子用来賓館)
  • 本山五坑(金鉱トンネル跡)
  • 黄金館(黄金博物館)
  • 金采売店(金グッズショップ)
  • 金瓜石神社(神社跡)

金瓜石 黄金博物館のインフォメーション

インフォメーションに日本語パンフレットあり。

金瓜石 黄金博物館のチケット料金

金瓜石 黄金博物館(新北市立黃金博物館)の館内

チケットは全館共通 80TWD。
各施設入口で毎回チェックがある為、失くさないようにしましょう。

採掘トンネル探索と、砂金採り体験は、別途予約と追加料金が必要です。

黄金館 歴史展示

金瓜石 黄金博物館の外観

金瓜石 黄金博物館(新北市立黃金博物館)の砂金取り体験施設の外観

(※黄金館は2019年11月8日まで改修工事中。見学休止。)

金瓜石 黄金博物館(新北市立黃金博物館)の館内

黄金館 1階では、金鉱作業員が使用していた物品や、作業の様子が展示されています。

金瓜石 黄金博物館(新北市立黃金博物館)の館内

金瓜石 黄金博物館(新北市立黃金博物館)の館内

金瓜石 黄金博物館(新北市立黃金博物館)の館内

鉱山作業員の弁当箱。
この缶の弁当を再現した「鉱工弁当」を礦工食堂で食べることができます。

金瓜石 黄金博物館(新北市立黃金博物館)の館内

こちらのマネキンは、どうやら普通の鉱夫ではない模様。

金鉱石を盗採して、煉金している様子です。

金瓜石 黄金博物館(新北市立黃金博物館)の館内

私人煉金の概要:金瓜石と九份に於いて、「散花仔」と呼ばれる金鉱石を盗採する人間がいました。
大規模な採掘プロジェクトや機械を使用する鉱山会社とは異なり、彼らは簡素な道具を使用していました。

金瓜石 黄金博物館(新北市立黃金博物館)の館内

金鉱で栄えた時代には、戦争の歴史の側面も。

日本統治時代の1944年、金瓜石鉱山へ収容された捕虜達のプロパガンダ写真。

金瓜石 黄金博物館(新北市立黃金博物館)の概要説明

金瓜石 黄金博物館(新北市立黃金博物館)の館内

金瓜石 黄金博物館(新北市立黃金博物館)の館内

黄金館 金塊

金瓜石 黄金博物館(新北市立黃金博物館)の金塊

黄金館 2階には、目がくらむほどの巨大金塊が鎮座。

黄金博物館における、一番の目玉展示です。

金瓜石 黄金博物館(新北市立黃金博物館)の金塊

重さは220.30kg。

金瓜石 黄金博物館(新北市立黃金博物館)の金塊

ケースの両サイドに穴が空いており、実際に触れることができます。

感触はツルツル。なんだか金運にあやかれそうですね。

今日現在の時価も表示されています。

金瓜石 黄金博物館(新北市立黃金博物館)の金塊の重さと金額

訪問時の金塊の時価は、284,407,300台湾ドル。

日本円に換算すると、およそ約9億7,800万円!!

高すぎて、もはやピンと来ませんでした…。

黄金館 砂金取り体験

金瓜石 黄金博物館(新北市立黃金博物館)の砂金取り体験

黄金館 3階では、砂金採り体験をすることができます。

金瓜石 黄金博物館(新北市立黃金博物館)の砂金取り体験のチケット

チケットは別途100TWD(約345円)。

開催時間が決まっているので、チケット購入の際に予約します。

金瓜石 黄金博物館(新北市立黃金博物館)の砂金取り体験

金瓜石 黄金博物館(新北市立黃金博物館)の砂金取り体験

一人一皿受け取ってスタンバイ。

レクチャーを受けながら、お皿を上手に使って砂金を採り、最後に瓶に詰めます。

この砂の中から、どのぐらい砂金が取れるか楽しみですね。

金瓜石 黄金博物館(新北市立黃金博物館)の砂金取り体験

では開始!

お皿に水を入れ、砂と混ぜてなじませます。

金瓜石 黄金博物館(新北市立黃金博物館)の砂金取り体験

お皿ごと水中に入れ、水平に円を描くように振るいながら、小石や端っこの砂を取り除いていきます。

砂金は砂よりも重いので、遠心力でお皿の中心に残る仕組みです。

砂の大きさがコイン大になるまで、この作業を繰り返します。

金瓜石 黄金博物館(新北市立黃金博物館)の砂金取り体験

だいぶ砂と小石も少なくなり、ついに砂金が見えてきました!

水中で砂金も流れていないか心配でしたが、ちゃんと残っていて良かった〜。

金瓜石 黄金博物館(新北市立黃金博物館)の砂金取り体験

少量で見えずらいですが、上部に砂金がまとまっているのが分かります。

キラキラ輝く砂金を見つけて、ちょっと感動!

金瓜石 黄金博物館(新北市立黃金博物館)の砂金

最後に瓶詰めして完成。

金瓜石 黄金博物館(新北市立黃金博物館)の砂金

底に光を当てて見ると、砂金が輝いているのが分かります。

冬場は水が冷たいですが、大人も子供も楽しめる良いアトラクションだなと思いました。

万が一水漏れすると困るので、ビニール袋かジップロック的なものがあると安心です。

金采売店 金グッズ土産ショップ

金瓜石 黄金博物館の外観

金色のグッズが揃うお土産ショップ。黄金館のお隣にあります。

金瓜石 黄金博物館のお土産ショップの金グッズ

金瓜石 黄金博物館のお土産ショップの金トランプ

金の箸、金のスプーン、金のトランプまで!

せっかくなので、金のストローを購入しました。

本山五抗 金鉱トンネル探検

金瓜石 黄金博物館の金鉱トンネル内の説明

本山五抗は、金鉱石の採掘トンネル跡。
ヘルメットをかぶって探検できます。別途料金 50TWD。

今回は時間がなく、トンネルの入り口だけ見学。
トンネル内に風を送る、送風機が展示されていました。

太子賓館

金瓜石 黄金博物館の太子賓館

太子賓館の見学は、外観と庭のみ。

内部は締め切られて入れませんでした。

金瓜石 黄金博物館の太子賓館

太子賓館 建物概要(※クリックで拡大します)

金瓜石 黄金博物館の太子賓館

金瓜石 黄金博物館の太子賓館の富士山の欄間

欄間の富士山が日本を感じさせます。

礦工食堂 鉱山弁当

金瓜石 黄金博物館の礦工食堂

礦工食堂では、鉱山作業員のお弁当箱を再現した「鉱山弁当」が頂けます。

金瓜石 黄金博物館の礦工食堂の坑夫弁当

昔懐かしい缶のお弁当箱に、箸と、黄金博物館柄の包み付き。

実際にはお弁当箱が汚れないよう中身は空っぽで、別の紙製の弁当で提供してもらえます。

金瓜石 黄金博物館の礦工食堂の坑夫弁当

立派な豚肉のお弁当で、予想外に美味しくてびっくり。
お昼ご飯にオススメです。

四連棟 日式宿舎

金瓜石 黄金博物館の日本式宿舎跡

金瓜石 黄金博物館の日本式宿舎跡

四連棟日式宿舎の概要(※クリックで拡大します)

日本統治時代に宿舎として使われていた、日本式木造建物を修復、忠実に再現した四連棟。

見学には靴を脱いて上がります。

日本人には懐かしい、昭和の雰囲気が流れていました。

金瓜石 黄金博物館の日本式宿舎跡

金瓜石 黄金博物館の4連棟

金瓜石 黄金博物館の日本式宿舎跡

金瓜石 黄金博物館の日本式宿舎跡

掛軸下の防空壕。

金瓜石 黄金博物館の日本式宿舎跡

金瓜石 黄金博物館の日本式宿舎跡

金瓜石 黄金博物館の日本式宿舎跡

金瓜石 黄金博物館の日本式宿舎跡

金瓜石 黄金博物館の日本式宿舎跡

金瓜石 黄金博物館の日本式宿舎跡

金瓜石 黄金博物館の日本式宿舎跡

金瓜石 黄金博物館の日本式宿舎跡

金瓜石 黄金博物館の日本式宿舎跡

金瓜石 黄金博物館の日本式宿舎跡

金瓜石 黄金博物館の日本式宿舎跡

金瓜石 黄金博物館の日本式宿舎跡

金瓜石事務所 所長宿舎跡

金瓜石 黄金博物館の日本式住宅

日本統治時代の金瓜石鉱山事務所所長 三毛菊次郎氏の宿舎跡。
修復工事中のようです。

金瓜石 鉱山事務所所長宿舎跡

三毛菊次郎氏 概要(※クリックで拡大します)

金瓜石 黄金博物館の説明

金瓜石 鉱山事務所所長宿舎跡 概要(※クリックで拡大します)

金瓜石 黄金博物館の日本式宿舎跡の見取り図

金瓜石 鉱山事務所所長宿舎跡 概要(※クリックで拡大します)

金瓜石 黄金博物館の日本式宿舎跡の見取り図

金瓜石 鉱山事務所所長宿舎跡 概要(※クリックで拡大します)

金瓜石神社跡

九份の金瓜石 黄金博物館の線路跡

日本統治時代に建てられた神社跡。黄金館の手前にある階段を登って行きます。

今回は時間が合わず見学できませんでした。

地図上で見てもかなり山の上の方にあるため、時間と体力のある方向けのスポットと言えるでしょう。

金瓜石 黄金博物館(新北市立黃金博物館)周辺の風景

見学滞在 所要時間

金瓜石 黄金博物館の金鉱線路とトロッコ

今回の滞在時間は、約3時間半。

初めに黄金館を見学、砂金採り体験後、お土産ショップで買い物。
太子賓館に立ち寄り後、礦工食堂で弁当ランチ。
最後に四連棟日本式宿舎を見学して終了です。

バスの本数は多いので、帰りの時間はざっくり決めておいても大丈夫かと思います。

九份はランタンが灯る夕方以降が観光メイン時間のため、その前に黄金博物館に訪れるプランがベストです。

金瓜石 黄金博物館の行き方・アクセス方法

金瓜石(黄金博物館)バス停留所一覧

金瓜石(黄金博物館)バス停留所一覧(※クリックで拡大します)

「九份老街」停留所よりバス乗車約8分「金瓜石(黃金博物館)」下車すぐ。
運行バス:856、965、1062、788、825、826(2019年9月現在)

金瓜石 黄金博物館の営業時間

金瓜石 黄金博物館
住所:224 台湾 New Taipei City, Ruifang District, Jinguang Road, 8號金瓜石
電話番号:+886 2 2496 2800
営業時間:火〜金 9時30分~17時00分 土日 9時30分~18時00分
定休日:月曜
※黄金館は2019年11月8日まで改修工事中のため見学休止